ちょっくら行ってきます♪

ブルベとかキャンプツーリングとかのブログのはず、です。

今シーズンのブルベを振り返って③

こんにちは、ちょっくらです。
肌寒くなってきましたね。
前回は予定とは違い前説に
なってしまいました。
この調子ですと脱線しながら
だらだら進んでいきそうな感がありますが、
気にせず話を進める事にします(笑)


BRM121枚方200

1000kmへの一発目は200kmブルベから。
前評判では色々な意味で厳しいコース
との事ですが、走り馴れた距離でもあるため、
今後を想定して敢えて重装備での出走です。


f:id:chotkura:20171031110432j:plain

通常装備ですとトピークのチューブバッグ、
オルトリーブのサドルバッグ(L)で
まとめるのですが、
今回は手先の冷え対策として
バーミッツのハンドルカバー、
未走である400kmブルベ対応として
オルトリーブのシートパックをチョイス。
因みに自転車もメインの
ジャイアントTCR では無く、
サブ用に年末に中古で手に入れた
ウィリエール、イゾアールXP(画像)の
初おろしを兼ねて。


f:id:chotkura:20171031120652p:plain
f:id:chotkura:20171031120713p:plain

コースはこんな感じ。
枚方から和歌山城までの往復、
見た感じ獲得標高もそれほど無く
しんどそうなのは復路の
雄ノ山峠ぐらいでしょうか。
そんなイメージを持ってスタートしますが…


すぐに気付きました、甘かったです(笑)
そう、直後から始まる信号によるストップ&ゴー。
俗に言う市街地スタート特有の

「信号峠」

の洗礼を浴びます。
その影響で、ある程度進むと
バラける集団もなかなか崩れません。
全体が遅々として進むため、
グロスタイム15kmキープもやっと。
一向にペースが上がりません。


辛抱、忍耐の走りを強いられますが
何とか信号峠ゾーンをクリア。
さぁ遅れを取り返すぞ!
と行きたい所ですが
次は繰り返す細かいアップダウン(泣)
序盤から制限時間との闘い、
いきなり大ピンチです。


それでも必死にペダルを回して
PC1ローソン岸和田インター店に
たどり着きます。
時間が切迫してるため、
自転車を立て掛ける余裕も無く、
空きスペースに倒したまま滑り込むように店内へ。
懸念していたレジ待ちも無く
無事レシートをゲット!
印字された時刻を見てみるとクローズ5分前、
序盤のピンチを凌ぎました。


しかしながら余裕はありません、
一息つく間も無く次へと進みます…。
これから先は大阪府を越え和歌山市へと
入るルートです。
ここから徐々に落ち着きを取り戻します。
折り返しのPC2、和歌山城をクリアしてからは
たいした貯金とはいきませんが安全域へ。


そうこうしている間に泉佐野コース名物、
雄ノ山峠をヒィヒィと足掻き越え、大阪府内へ。
程なくPC3(折り返しコースのためPC1と兼用)
をパスしてフィニッシュ地点、
四條畷のファミマを目指します。


ここからは往路と同じく
市街地走行になりますが、
それほどの混雑も無く
(瓢箪山商店街を迂回するルートは
時間帯的にも難儀した)
無事ゴール。
苦しみましたが何とか認定完走ゲットです。


「ブルベに楽なブルベ無し」


こんな格言がありますが、
身を持って知れたのは良い経験となりました。


次回エントリーは翌週の枚方300。
和歌山市辺りまでのコースは共有。
ある意味恐怖です(笑)
はてさてどうなることやら…


(続く)




にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村