ちょっくら行ってきます♪

ブルベとかキャンプツーリングとかのブログのはず、です。

今シーズンのブルベを振り返って⑥(最終回)

こんにちは、ちょっくらです。
今回も振り返りの続きになります、
今しばらくお付き合いの程を…


BRM319福山600kmをクリアしてSR取得。
次にに311泉佐野300km、402神戸200km 、
409フレッシュ日本橋と続きます。
319福山の保険及び距離に慣れるため、
エントリーしたBRM415枚方600kmも
勢いで狙いますが、
297km地点であえなく初DNF。
距離に対する不安を残したまま、
挑む事となりましたが…



BRM504倉敷1000km

f:id:chotkura:20171112190730p:plain
f:id:chotkura:20171112190745p:plain
f:id:chotkura:20171112190800p:plain
倉敷尾道~広島~宇野~下関~萩~益田
~美郷~米子~鳥取~津山~倉敷


75時間以内で中国地方を一周するブルベです。
ルートラボの表記では走行距離1010.6km、
獲得標高9557mとなります。
去年のアナウンス以来、目標にしてきた一本。
ここは是が非でも認定完走を獲りたいところ。
対策として、

・ペダルを踏まない。
・ギアは一枚軽く。
・パックに付いていかずマイペースで。

この三点を念頭に走る事を心がけます。

f:id:chotkura:20171112192241j:plain
f:id:chotkura:20171112192339j:plain
f:id:chotkura:20171112192453j:plain

・初日
8;30スタート、昂ぶりを抑えつつ
慎重にペダルを回していきます。
導入はコース設定もあり素晴らしい立ち上がり、
グロス24kmが2時間程続きました。
その後ペースダウンしますが、
比較的順調に進んでいきます。

f:id:chotkura:20171112193813j:plain
f:id:chotkura:20171112193856j:plain
f:id:chotkura:20171112193943j:plain

山口県に入ってからも快調に
ルートを消化していきますが、
200kmを過ぎた辺りでキューシートの
説明にある「山賊」の襲撃を受けます。
(最大斜度18%はあったかと。久しぶりに押し歩き)
それでもなんとか凌ぎつつ仮眠所を兼ねたPC3へ。

f:id:chotkura:20171112192831j:plain
f:id:chotkura:20171112192927j:plain

ここでは振る舞いの豚汁をいただきます。
一息入れたい所でしたが、席を温める間もなく
セルフドロップの送付先及び仮眠ホテルの
ある新下関を目指します。
PC4をチェックし、予定時刻にホテルに到着。
チェックインの手続きを進めようとすると
ある事件が...。

f:id:chotkura:20171112195323j:plain

受付によると予約は翌日、
セルフドロップで送っている荷物
(着替え、モバイルバッテリー等)
も翌日着との事!?
途方にくれますが、ホテル側が
機転を利かせてキャンセル待ちを
空けていただきなんとか宿泊(感謝!)。
シャワーを浴び、2時間弱の仮眠です。



・二日目
瀬戸内海から日本海側へと向かいます。
山岳基調のためここからが本番。
チェックアウト後、気合を入れるため
いつものブルべ飯を放り込みます。

最高気温27℃、道中快晴は良いのですが
強烈な紫外線でダメージが
蓄積されていきます。
それでも長門、萩、益田と淡々と進みます。

f:id:chotkura:20171112202221j:plain
f:id:chotkura:20171112202311j:plain
f:id:chotkura:20171112202352j:plain
f:id:chotkura:20171112202423j:plain
f:id:chotkura:20171112202800j:plain
f:id:chotkura:20171112202829j:plain

ここでスマホ、サイコン、ライトを賄う
20000mAhのモバイルバッテリーが限界に。
しかし、予約している翌朝の仮眠ホテルに
予備は送っているのでそこまで
持たせればよい計算。
コンビニで電池式充電器を購入、
応急処置です。

浜田、江津を経由しPC7を目指しますが
雨がパラパラと。
じわじわと続く峠を真夜中、
一人濡れながら登っていきます。
そこで一台の車が追い越し停車。
追いつき通り過ぎようとすると


「AJ広島です、頑張ってください!」


同時期開催の別ブルベのスタッフさんです、
気合入りました!

ほどなく仮眠所を兼ねているPC7へ。
雨脚がきつくなってきたので
雨宿り&仮眠を一時間程。
明け方5時過ぎになっても弱まらないため
見切り発車、米子の仮眠ホテルを目指します…。



・最終日
いきなり峠!
本降りの中アップダウンを繰り返します。
手ごわい三瓶峠をやり切ったぐらいに
雨も上がりだしました。
幸いにもここからしばらくは平坦基調、
先を急ごうとペダルを回していきますが…


ここでサイコンの表記に不具合が!
充電状態も怪しいので泣く泣くログを諦め、
予備のサイコンと入れ換える事に。
そうこうしている間に雲南市に入り、
しばらくぶりにコンビニを発見。
そこで雨具を脱ぎ、朝食&電池交換を済ませ
一息ついた後、再び黙々と先へ進みます。


その後快晴。
昨日に続き紫外線と闘いながらも
昼過ぎに米子へ。
大幅に到着時刻を過ぎましたが目的のホテルに
何とかたどり着きました。
まずはフロントにて予約及び到着が
遅れた旨を伝えます。
が、どうも話が通じません。
ここで自分のやらかしに気づきます、
そうです、予約と補給荷物の到着日が
前日同様1日ずれていたのです!


とりあえずホテルはキャンセルして
コンビニでバッテリーを買い込みます。
第一優先はライト、次にサイコン、
スマホと順繰りに充電していきます。

なおも脚を進めていきますが
電池、バッテリー(10000mAh)を求めて
コンビニの各停。
充電がある程度たまるまでは我慢です。

f:id:chotkura:20171112203328j:plain

そうこうしてる間に次のPC9、
鳥取砂丘へとたどり着きます。
この時点で最後尾ぐらいですが、
600kmを超えると
制限時間が緩むので慌てずボチボチと。

ここから岡山に向け峠に入っていくのですが、
麓の八頭町で昼間あれほど充電したはずの
メインライトに残量不足の表示が!
ライト優先で充電していたのでスマホ
サイコンともに残量僅か。
制限時間に余裕があるといえ長い峠越え...


「詰んだか...」



暗闇が押し迫ります。
峠まで僅か、進んでコンビニを探すか、
時間はかかるが安全策で戻って探すか。
検索でスマホは使えない、どうする!?
しばし検討、出した結論は...


「這ってでも前へ!!」


乏しい光を頼りにゆるゆる進んでいきます。
するとコイン精米所。
何とその先にはコンビニが!
とりあえず安堵です。
早速バッテリー、電池、懐中電灯を
買い込みます。

この時点でPM11:30。次のPC10まで約70km、
イムリミットはAM5:49。
充電に当てれる時間は2時間。
あと4時間ばかりの夜間走行...
どこまで復旧できるかが勝負です。
待ち時間を仮眠に当て込みますが
残量不足でアラームが
作動するか不安なため寝つけません。
そうこうしている間に2時間経過。
意を決してスタートしかけると、
目の前を反射ベストを着た
ブルベライダーらしき人影が...


「幻覚!?」


渡りに船ならぬ峠前のランドヌール、
おそらくこれが最後尾。
逃したら最後、
我に返り必死で後を追いかけます。
なんとか追いつき事情を説明、
快諾をいただき前を牽いていただく事に。
(その節はホント助かりました!)

そこから先は峠と睡魔からくる
幻覚との闘いです。
蛇行しだすと休むを繰り返し、
懸念の峠をクリアします。
この時点で制限時間に余裕がないため、
後発スタートの伴走者に礼を告げ
先を急ぎます。


「踏んで!踏んで!踏んで!」


下り基調の平坦をわき目も振らず
必死で進みます。
残しておいた脚を使い切ったところに
PC10のコンビニが見えてきました。
制限時間3分前、フラフラになりながらも
なんとか到着、レシートを取得ししばし休息を。

ここからフィニッシュのコンビニまで
約73km、
何とか完走が見えてきました。
ここから先は軽く流して..
てな訳にはいきません(笑)
最後の最後で放り込んできた
アップダウンを繰り返す
広域農道に苦しめられながらも、
何とか耐え抜き74時間56分。
制限時間4分前、
最下位での滑り込みゴールとなりました。


「あぁ、やっと終わった…!」



後は500mほど離れたゴール受付の
公民館へ向かうだけです。

安堵感もありのろのろ進みます。
が、距離にして500m程にある公民館が
見当たりません。
人に聞けどわからず、電話しようにも
バッテリー不足、
少したまって確認するも意識が朦朧、
右から左へ。
そんなこんなを繰り返し到着まで
掛かった時間は
なんと一時間半!
遭難初体験してました(泣)


辛抱強く待っていただいた
スタッフの方々には非常に感謝!!!
しばし歓談のち手続きを終わらせ
記念メダルをゲット、
何とか認定完走を手に入れることが
できました。

f:id:chotkura:20171112204153j:plain
f:id:chotkura:20171112204236j:plain
f:id:chotkura:20171112204342j:plain

今回は自分のミスによる想定外の事態
(バッテリー代で2万弱使ってます)に
苦しめられましたが、
人車共にトラブルが起きなかったため
完走することができました。
反省点だらけですが目標達成、
これで次の「景色」を見る事ができそうです。


(もう一回続く)




にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村