ちょっくら行ってきます♪

ブルベとかキャンプツーリングとかのブログのはず、です。

BRM102高松300km&103広島200km(前編)

こんにちは、ちょっくらです。
皆さま年末年始はいかが過ごされ
ましたでしょうか。


「一年の計は元旦にあり」


通年ですとありがちな正月休みを
過ごしてまいりましたが今年は心機一転!
シーズン開幕戦、頭からスタートします。


と、言う訳で今回は年明け二日から
行われたブルべ、
二日間で瀬戸内海を回るコンセプトの
BRM102高松300km&103広島200kmに
出走してきましたのでその様子を。



f:id:chotkura:20180108053104j:plain

高松300は1月2日、午前0時スタートのため
元旦の夕方に大阪市内を出発します。

f:id:chotkura:20180108053407j:plain

環状線もガラカラですね。
今回は青春18きっぷを使っての移動です。

f:id:chotkura:20180108053640j:plain

スタート地点のJR高松駅前まで、
乗り替えを二回挟んで4時間程の長旅です。
道中を仮眠に当てようとしましたが、
すきま風のせいでうまく寝付けません。
ここでの睡眠不足が後々響いてきます…

f:id:chotkura:20180108054243j:plain

f:id:chotkura:20180108054525j:plain

22時過ぎに到着。

f:id:chotkura:20180108054929j:plain

まずは腹ごしらえ。
定番のブルべ飯です。

f:id:chotkura:20180108055031j:plain

23時を過ぎると、正月二日にもかかわらず
ランドヌール達がわらわらと。
皆さん物好きです、
まぁ自身もその中の一名でもある訳ですが(笑)

f:id:chotkura:20180108055515j:plain

久々に「写経」しました。

f:id:chotkura:20180108055622j:plain

4月のフレッシュを取り仕切っていただく
N村氏とバッタリ。

f:id:chotkura:20180108055844j:plain

f:id:chotkura:20180108055913j:plain

氏の愛車と。

f:id:chotkura:20180108055946j:plain

ハンドル回り。参考になります。

f:id:chotkura:20180108060053j:plain

そうこうしてる間に車検が始まります。
今回のルートは、
高松~琴平~新居浜今治~呉~江田島
の300kmです。
高松から今治辺りまではコース的にも
平坦基調。
ナイトライドですが前半に貯金を作り、
(どうせ景色も見れない)
しまなみ海道を走る頃からぼちぼちと
走る作戦です。


午前0時、ほぼ定刻通りに最後尾からのスタート。
しばらくは市街地走行となるため、
ゆるゆると進んで行きます。


シーズンオフが二ヶ月ほどありましたが、
特に間をあける事なく走っていたので、
脚自体はそれなりに動きます。
しかし出走時刻に体調を合わせ損なった
ためでしょうか、
時差ボケのような感じで眠気とダルさが。


浮わついた状態が続きますが、
信号ストップが続く市街地を抜けた
辺りからリズムに乗り出します。


f:id:chotkura:20180109043251j:plain

金比羅さんのすぐ近くにある
通過チェックのコンビニで一息。
この後も夜道を坦々と走ります。
ここからPC1、新居浜市のコンビニを経て
今治市へ。
気温は-3℃まで下がりましたが、
体感的にはそこまで感じませんでした。


f:id:chotkura:20180109043759j:plain

今治城
夜が明けてきました。
PC2のコンビニでおでんを食べましたが、
ちくわが通常と違い、にぎりちくわみたいな
感じで非常に美味しかったです。

f:id:chotkura:20180109044437j:plain

今治からしまなみ海道へ。
玄関口だけあってすぐに入りました。

f:id:chotkura:20180109234627j:plain

f:id:chotkura:20180109045014j:plain

来島海峡大橋

f:id:chotkura:20180109045204j:plain

個人的な初詣と初日の出。
気持ちのいいものです。

f:id:chotkura:20180109202336j:plain

f:id:chotkura:20180109202404j:plain

伯方大島大橋
早朝のため人が少なく走りやすいです。

f:id:chotkura:20180109202709j:plain

f:id:chotkura:20180109202743j:plain

f:id:chotkura:20180109202814j:plain

大三島橋

f:id:chotkura:20180109203149j:plain

f:id:chotkura:20180109203227j:plain

f:id:chotkura:20180109203306j:plain


多々羅大橋
せっかくなのでほんの少し寄り道を。

f:id:chotkura:20180109203423j:plain

f:id:chotkura:20180109203501j:plain

お約束。
ここへ来るのは去年の319福山600の時以来です。
ルートプランとしては順調に
大島~伯方島大三島と来て
現在生口島です。

f:id:chotkura:20180109204145j:plain

残す橋も生口橋因島大橋の二つとなりました。
この生口島にPC3があります。
タイミング的にもそろそろ腰を下ろして、
しっかり補給を取りたいたい所です。

f:id:chotkura:20180109204556j:plain

f:id:chotkura:20180109204644j:plain

おあつらえ向きの店がありました。
尾道ラーメンに期待が高まります…

f:id:chotkura:20180109204813j:plain

残念!
準備中でした、
時間が早すぎたようです。

f:id:chotkura:20180109205001j:plain

f:id:chotkura:20180109205033j:plain

PC3のコンビニで

f:id:chotkura:20180109205144j:plain

仕方なくメンチカツを…
三が日なので補給はオールコンビニの
覚悟はしてましたが、やってみると
実際飽きてきます(笑)



f:id:chotkura:20180109205848j:plain

それでもまだ先は長いです、
気を取り直しましょう。
生口橋を渡り因島へと入ります。

f:id:chotkura:20180109211435j:plain

分かりにくいですが万田発酵の本社です。
万田酵素が有名ですね。
この因島は有名人の出身地であったり、
八朔、村上水軍、古くは造船と割に
メジャー(?)な島だったりしますが、

f:id:chotkura:20180109212420j:plain

今回ルートで通る重井町は何よりも
我が母の郷里だったりするのです。

f:id:chotkura:20180109212729j:plain

f:id:chotkura:20180109212821j:plain

f:id:chotkura:20180109212925j:plain

f:id:chotkura:20180109213021j:plain

f:id:chotkura:20180109213104j:plain

少しコースをそれて再び寄り道を。
帰省の度に遊びまわった風景は
今も変わらずでした。
マイノスタルジックブルべ、でしょうか(笑)

因みに母の旧姓は「柏原」なのですが、
この辺りの姓は「村上」「柏原」の二つが
非常に多かったりします。


f:id:chotkura:20180109213715j:plain

f:id:chotkura:20180109213800j:plain

f:id:chotkura:20180109213849j:plain

殺風景な因島大橋を渡る間に、
否応なしに現実へと戻りました(笑)

f:id:chotkura:20180109214337j:plain

しまなみ海道最後の島となる向島
投げ釣りしてる人が多かったです。
ここから尾道へは渡船で渡る事になります。

f:id:chotkura:20180109214608j:plain

f:id:chotkura:20180109214647j:plain

f:id:chotkura:20180109214723j:plain

ほどよく「昭和」
もうすぐ平成も終わりですね。

f:id:chotkura:20180109214911j:plain

f:id:chotkura:20180109214952j:plain

飽きない程度の待ち時間で来ました。
何とも言えんな、この船。

f:id:chotkura:20180109215223j:plain

自走で橋を渡る事を思えばありがたいですね。

f:id:chotkura:20180109215738j:plain

本州上陸、尾道でPC4を経由し、
PC5がある呉、そしてゴールの江田島
目指し走ります。



三原市から小峠がある竹原市を越え、
東広島市に入った辺りから再び睡魔に襲われます。
この時点で貯金を2時間以上作っていた事もあり、
蛇行も出だしたので30分ほど仮眠を取ります。

f:id:chotkura:20180109221513j:plain

f:id:chotkura:20180109221600j:plain

リフレッシュした所で海岸線を黙々と走ります。
呉市街地にあるPC5のセブンをクリアし、
再び海岸線を。


ゴール地点の江田島に渡るには
渡船もしくはループ橋の二種選択制です。
楽をしたいので渡船を選びます。

f:id:chotkura:20180109224343j:plain

正月休みでした(笑)
仕方なくループ橋を渡る事に。


ヨロヨロと登った先に橋が見えてきました。
ここを渡ればゴールまで8km弱、
あと一踏ん張りです。
交通量も多いのでさっさと渡ろうとした矢先、
橋の継ぎ目による段差振動でサイコンが
落下します!
橋の下まで落ちる事なく無事に回収できたのは
不幸中の幸い。
拾い上げたサイコンを確認してみると、
どうやらアダプターの爪が折れたみたいです。
(赤丸の部分。写真は修復済み)

f:id:chotkura:20180109230306j:plain

レックマウントを直貼りしてます。

f:id:chotkura:20180109230514j:plain

普段はこの様にストラップを掛けているのですが、
今回は忘れていたのが原因です。
途中から気づいていたのですが、
ついおざなりになりました。
頭が回ってなかったのでしょう…。


サイコンをバッグに直して、
凹んだ気分を抑え再びスタートします。
ここから先は簡単なルートなので
問題無くゴールへ。


受付を済まして高速艇、路面電車
乗り継ぎ広島駅前まで。
ここで先にゴールしているN村氏と
落ち合います。

f:id:chotkura:20180109231420j:plain

f:id:chotkura:20180109231509j:plain

氏のアテンドでこちらへ。
宿泊先のホテルすぐ際を選択してくれてました、
感謝!

f:id:chotkura:20180109231618j:plain

f:id:chotkura:20180109231820j:plain

f:id:chotkura:20180109231854j:plain

広島焼サイコー!

f:id:chotkura:20180109232002j:plain

こちらは名物のザンギ。
練り物のフライみたいな。



しっかりアフターブルべを堪能し、
良い加減でホテルへ戻ります。
壊れたサイコンの事など忘れ、
シャワーを浴び深い眠りへと…
はたして翌日はどうなる!?


(続く)


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村