ちょっくら行ってきます♪

ブルベとかキャンプツーリングとかのブログのはず、です。

脚休めで聖地巡礼

こんにちは、ちょっくらです。
最低気温で氷点下が出てくると嫌ですね。
この時期はコース選定に頭を悩ませます。
とは言えじっとしているのも何なので、
比較的近場の宇治伏見方面を走ってきました。


ライドの際に近辺を通過する事は多いのですが、
そもそも世界遺産のある観光名所です。
シーズンオフにゆっくり回るのも
良い機会と逆転の発想です。



大阪市内を出発し、幹線道路を経由し
淀川CR(サイクリングロード)で
京都府八幡市へ。

f:id:chotkura:20180202013309j:plain

f:id:chotkura:20180202013358j:plain

f:id:chotkura:20180202013442j:plain

今回は距離も短めのため、
ゆっくり目のスタートです。

f:id:chotkura:20180202013535j:plain

岩清水八幡宮

f:id:chotkura:20180202013617j:plain

走井餅。



その後久御山を通り、
一端宇治川を渡ります。

f:id:chotkura:20180202015111j:plain

f:id:chotkura:20180202015305j:plain

f:id:chotkura:20180202015326j:plain

f:id:chotkura:20180202015342j:plain

橋のたもとには石碑が。
隠元橋という橋なんですね。よく通る橋なのですが初めて知りました。

f:id:chotkura:20180202020433j:plain 

斜め向かいには自衛隊の駐屯地。

f:id:chotkura:20180202020805j:plain

黄檗(おうばく)駅を横切り、
府道7号線を進みますが宇治の
手前で右に折れ少し寄り道を。

f:id:chotkura:20180202020948j:plain

平均斜度7%弱(!)の坂を400m程登ります…
(ストラバに出てました)

f:id:chotkura:20180202021505j:plain

f:id:chotkura:20180202021524j:plain

こちらの高校は、TVアニメ
「響け!ユーフォニアム」
で主人公達が通う高校のモデルとなっています。

f:id:chotkura:20180202022258j:plain

f:id:chotkura:20180203011115j:plain

ウチの次女が中高6年間
吹奏楽部だった事もあり、照らし合わせながら
よく描けているなと思い当時は見ていましたが、
感想を聞くと「あんなモンじゃない」との事。
因みに通っていたのが、大阪府にある
全国大会の常連高で、
練習は作中よりハード。
また200人は下らない部員のため、
縦の体育会系だったようです。
(通っていた高校も作品に出てきます)



話も逸れましたね(笑)
続いて来た道を戻り先へと向かいます。
一つ目の目的地、宇治はすぐそこです。

f:id:chotkura:20180202231003j:plain

府道から路地へと、
源氏物語ミュージアムの横を沿うように
「さわらびの道」を進みます。
ゆっくりと…


f:id:chotkura:20180202232917j:plain

f:id:chotkura:20180202233001j:plain

f:id:chotkura:20180202233107j:plain

神社が出てきました、
宇治上神社です。

f:id:chotkura:20180202233226j:plain

正面から。

f:id:chotkura:20180202233751j:plain

f:id:chotkura:20180202233817j:plain

こじんまりとした神社ですが
落ち着いた感じです。

f:id:chotkura:20180202233943j:plain

f:id:chotkura:20180202234008j:plain

f:id:chotkura:20180202234029j:plain

授与所はウサギ推しです。
それもそのはず、
宇治の地名は、兄に天皇の位を譲るために自殺した
兎道稚郎子
に由来するという説が一般的だそうです。
「兎道」が転じて「宇治」、
これも初めて知りました。
因みに先の高校の名称は、
「兎道(とどう)高校」といいます。



参拝を終えた所で、
さわらびの道を少しだけ戻ります。

f:id:chotkura:20180202235817j:plain

f:id:chotkura:20180202235853j:plain

神社の裏手に小山があります。
大吉山(仏徳山)です。

f:id:chotkura:20180203000102j:plain

舗装されていないため、
ここからは押し歩きです。

f:id:chotkura:20180203000211j:plain

f:id:chotkura:20180203000258j:plain

20分程歩くと頂上へと。

f:id:chotkura:20180203000805j:plain

f:id:chotkura:20180203000842j:plain

宇治市街を一望出来ます。
わかりにくいですが平等院も。

f:id:chotkura:20180203001157j:plain

夜景スポットでしょうね。
ここも先のアニメの舞台として
登場します。


f:id:chotkura:20180203002035j:plain

山を下るとすぐに宇治川です。

f:id:chotkura:20180203002122j:plain

f:id:chotkura:20180203002147j:plain

喜撰橋。

f:id:chotkura:20180203002523j:plain

平等院

f:id:chotkura:20180203002635j:plain

宇治橋
うまくなりたいうまくなりたい…

f:id:chotkura:20180203003446j:plain




ここから宇治川沿いに伏見へ向かいます。

f:id:chotkura:20180203002924j:plain

鳥せい。昼前でしたがこの行列!

f:id:chotkura:20180203003044j:plain

f:id:chotkura:20180203003115j:plain

f:id:chotkura:20180203003145j:plain

ぶらぶら進んで

f:id:chotkura:20180203003409j:plain

f:id:chotkura:20180203003300j:plain

f:id:chotkura:20180203003610j:plain

かの坂本龍馬の常宿「寺田屋」。



気づいてみれば昼過ぎです、
ひととおり見終えた感もあるので
そろそろ補給を入れます。

f:id:chotkura:20180203004408j:plain

f:id:chotkura:20180203004451j:plain

※昼過ぎです。

f:id:chotkura:20180203004601j:plain

f:id:chotkura:20180203004851j:plain

機嫌良く飲ませてもらいました。
この後はいつもの如く自転車を
そそくさと畳み電車の人へと…




いつもはせわしなく走ってる事が
多いのでたまにはこんな感じもよいかな、と。
普段見落としているような所も見れましたし。
(途中から飽きてましたが)




f:id:chotkura:20180203005231j:plain

おまけ。
宇治上神社でおみくじ。
「大吉山」だけに「大吉」でした!
(実は3回目)



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村