ちょっくら行ってきます♪

ブルベとかキャンプツーリングとかのブログのはず、です。

メスティンで予行演習(やっぱりシングルバーナーやね)

こんにちは、ちょっくらです。
晩秋です、今が走り時ではないでしょうか。
個人的にロングを走るには、
寒い時期の方が楽なのでシーズンインな感じです。


さて、私ですが近々小豆島まで
バイクパッキングで一泊する予定です。
今回は古くからの友人と一緒で、
その方も最近バイクパッキングを始めまして、
特に調理に目覚めてる様子。


基本ソロですと調理用具が荷物になる、
という理由で装備は持ちません。
出来合いの惣菜とかで済ませてますが、
今回の同行者はそれなりの装備で来るとの事。
そこで何もしないのはなんとなくバツ
悪いような気がしないでもないので、
今回は調理実習をしてみようかと思います。


因みに上げ膳据え膳で育った身です。
普段し慣れない調理なんて事をすると、
失敗する確率は高いでしょう。
未然に防ぐには練習する事で
経験則を得る事です。
とりあえず用具はあるので行動は早いです。
いそいそと自宅のベランダに
引っ張り出して準備を始めます。


f:id:chotkura:20171110221443j:plain
店開きです。

f:id:chotkura:20171110221613j:plain
f:id:chotkura:20171110221657j:plain
重量の軽いメスティンと固形燃料で
チャレンジします。

f:id:chotkura:20171110221811j:plain
中腰でするのも何なので折り畳みイスを
用意しました。

f:id:chotkura:20171110222015j:plain
袋から出すとこんな感じです。

f:id:chotkura:20171110222125j:plain
合わせ目に若干手こずります。

f:id:chotkura:20171110222215j:plain
重量約200g。長時間座るにはさすがに
厳しいですが、調理する間ぐらいなら充分です。


さて、準備はできました。
これから二品作ってみようかと思います。

f:id:chotkura:20171110222746j:plain
f:id:chotkura:20171110222831j:plain
一品目はスパムの卵炒め。

f:id:chotkura:20171110222933j:plain
f:id:chotkura:20171110223002j:plain
弱い火力でチマチマです。

f:id:chotkura:20171110223051j:plain
f:id:chotkura:20171110223113j:plain
焦げ付かしながらも何とかできました。


f:id:chotkura:20171110223215j:plain
次はマカロニスパを茹で、
オイルサーディンを乗せます。

f:id:chotkura:20171110223343j:plain
f:id:chotkura:20171110223431j:plain
大失敗しました。
水分量と火力の兼ね合いを掴みそこねて
リゾット状態に(笑)
予定は未定で何とやら、です。
しかし食べ物は粗末にはいたしません。
カレーうどんの素を加えてリカバリー、
これで何とか食べれる体になりました。


それなりにおいしくいただきましたが、
火力不足を痛感。
翌日にリベンジを決行します…。



f:id:chotkura:20171110224337j:plain
イワタニのシングルバーナーです。

f:id:chotkura:20171110224529j:plain
火力に安心を感じます。

f:id:chotkura:20171110224629j:plain
昨日とはえらい違いです、
あっと言う間に沸騰しました。

f:id:chotkura:20171110224743j:plain
マカロニリベンジです。

f:id:chotkura:20171110224819j:plain
そう、昨日求めてたのはこんな感じ!

f:id:chotkura:20171110224952j:plain
味付けはクレイジーソルトのみで。

f:id:chotkura:20171110225051j:plain
次にオイルサーディンを温めます。
これもすぐですね。

f:id:chotkura:20171110225207j:plain
我リベンジニ成功セリ!



今回シングルバーナーを初めて使いました。
ケース込みの重量が500g程のため
持ち運びに躊躇してましたが、
確実に調理の幅が広がりそうです。
あと火力の高さによる時間圧縮も
捨てがたい魅力ですね。
このシングルバーナー、
これからの季節を考えると手放せない
一品となりそうです。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村