ちょっくら行ってきます♪

ブルベとかキャンプツーリングとかのブログのはず、です。

BRM428泉佐野400㎞ 和歌山一周~Under My Thumb

こんにちは、ちょっくらです。
前回で長かった「フレッシュ編」が
終わりました。
今回からも引き続き、2018年に出走した
ブルベを時系列で振り返っていこうと
思います。
去年の出走実績は、

・BRM102高松300km
・BRM103広島200km
・331AR日本橋フレッシュ
・BRM428泉佐野400km
・BRM504京都600km
・BRM601和歌山600km
・BRM901上越600km
・BRM105泉佐野1000km

で、ございます。


ちなみに今年、2019年の出走予定
(エントリー済)は、

・BRM101大阪200km
・BRM112和歌山600km
・BRM323高松600km
・BRM406倉敷400km
・BRM503京都1000km
・BRM601泉佐野600km
・BRM713宮城1000km(エントリー予定)
・BRM1024日置1000km

あと、SR600紀伊山地 ……(小声)


もう一つ、ブルベライダーとして
触れない訳にはいかない件。
今年開催される4年に一度の自転車のお祭りに行くかどうかですが、現段階では
色々な面で時期早向かと。
まずは日本を走り尽くし、
実力をつけて4年後に挑みたいですね。


f:id:chotkura:20190301182258j:plain
BRM1024日置1000km~九州全県制覇の旅
側(がわ)一周なトコに惹かれてエントリー。
まさに「Ride Over 九州」といった所でしょうか。

f:id:chotkura:20190316151326j:plain
f:id:chotkura:20190316151334j:plain
BRM713宮城1000km 女川龍飛1000
503京都1000のゴールが花巻なので、
その「続き」を見たくて…


走ってもいないブルベの話は
これぐらいにしておいて(笑)、
そろそろ振り返っていきましょう。




2018年BRM428泉佐野400km
~和歌山一周

f:id:chotkura:20190316152509j:plain
泉佐野発着の400km。
前半は山間部を、
後半は海岸線を回るコースレイアウトです。獲得高度は3800m程になります。


フレッシュ以来のブルベとなる今回。
未だ敗北感を引きずっているため、
モチベーションがイマイチ
上がり切りませんが、
ひさしぶりのソロですし
自分のペースでお気楽(?)にいけそうです。
ただ、何の気なしに走るのも
何やし、てな訳で。
翌週に京都600が控えてることもあり、
今回の課題は「仮眠」
どこで出てくるか、またどこまでで
押さえられるか。ここらを意識して
走ってみたいと思います。

f:id:chotkura:20190316214539j:plain
スタート地点は泉佐野ブルベおなじみの
りんくう公園から。
自宅から自走も可能な距離ですが、
今回は泉佐野駅まで輪行で。
遠くに見えるは関空連絡橋です。

f:id:chotkura:20190316214549j:plain
f:id:chotkura:20190316214601j:plain
ブリーフィングが終わり車検へ。
ほどなく済ませ、いよいよです。


快晴に恵まれ、午前8時に最後尾より
スタート。
走行中の位置取りが把握しやすいので、
最近は後方から出ることが多いです。
ほどなく泉佐野コース名物の
雄ノ山峠を「軽く」パスし、和歌山県へと。
この峠は大阪側からですと
何て事ないのですが、片峠よろしく、
和歌山方面から登るとそれなりの斜度があります。終盤、脚の無い時に最後の難関として立ち塞がる事になるでしょう。
やがて海南市へと入り、
黒沢牧場の登坂へと。
このあたりの流れは定番ですね。


序盤ながら楽はさせてもらえへんな、
とかぶつぶつ呟きながらクリア。
その後も順調に進み、
日高市へと。
PC1には店舗等がない場所のため、
手前にある「道の駅しらま」で補給を兼ねて小休止。

f:id:chotkura:20190317020139j:plain
ここで7時スタートのH氏と。
一応師匠と弟子の間柄(設定)です。
PBP、LELの出走実績のある方ですが、
ひさしぶりのブルベのため、
今イチ調子が良くないとの事。

f:id:chotkura:20190317020147j:plain
続いてMYK氏と。
なかなかの豪脚な方なのに、
なぜか道中ご一緒になることが
多いという不思議(笑)
そんな顔馴染みと談笑するのも楽しみの一つです。

f:id:chotkura:20190319052221j:plain
f:id:chotkura:20190319052241j:plain
ほどなくPC1、椿山レイクブリッジへ。
俗にいうヤッホーポイントです。
何度かブルベで訪れてますが、
一度も試した事はないです…
ここで主催側が用意してくれた
飲料(ありがたい事です)を補給し、
足早に後にします。 


ぐんぐんと気温が上がり30℃近くまで。
日陰がないため暑さがさらに堪えます。
次のPCは道の駅です。
少し熱中症の気が出てきたこともあり、
敢えて手前の駅で補給と休憩をします。
幸いなことに空いていました、
待つことなく買えて一安心。

f:id:chotkura:20190319144926j:plain
おにぎりと

f:id:chotkura:20190319144939j:plain
秋刀魚の棒寿司。
手作りですと嬉しいですね。
消耗してる体に酢の加減がよろしくて、
美味しく頂きました。



日射しの強い時間帯です。
この時期は真夏に比べ、湿度が少ない分だけましですが紫外線が突き抜けるように肌を痛めつけます。
ここは慌てず、体調を考慮して
少しペースを落として進みます。
今は熱中症でヘバってますが、
調子自体は良いので、
この時間帯を上手くやり過ごし、
日が沈みきるぐらいになれば
それなりのペースに戻せるでしょう。
そこまでは辛抱です。



4月とは思えない気温の中、
熊野古道という由緒正しき道を
走りますが当然楽しめる余裕などなく、
暑さにひたすら耐え、汗みどろに
なりながらも進む間に次のPCが
見えてきました…


f:id:chotkura:20190320034607j:plain
PC2、古道あるきの里ちかつゆ
大きな道の駅です。
写真を探したのですが、
見当たらず借りてきました。
スミマセン……
(何回目や!)


ここではレシート取得のため
飲料のみ購入です。
そこそこ登ってはいるのですが、
信号が少ないため
貯金を2時間ほど作れました。
基本高速コースなのでしょう。


今回は400kmのBRMですが、
自分的には距離が伸びれば伸びるほど、
時間に余裕が出来るためペース配分しやすいです。
200~300kmですと制限時間との
兼ね合いで慌ただしく感じて
逆にやりにくかったり…


PC2を越えしばらく走ると
走りやすい道が続きます。
熊野川沿いを下り基調で順調に
ルートを消化していきます。
そして快走路の終わりを知らせる
越路トンネルを抜け、新宮市街へと
入っていきますが、抜けてすぐにある
ローソン新宮磐盾(いわたて)店がPC3となります。
こちら側からですと、
ファザードが分かりにくかったのを
覚えています。何人か素通りしてましたしね。
レシートを確認してみると、
淡々と脚を止めずに走ったのが
良かったのか、貯金は3時間ほどに
増えていました。
知らずに貯まる理想的な定額貯金です。
私生活もこーやったら良かったのに(泣)

f:id:chotkura:20190320124156j:plain
 
f:id:chotkura:20190320124226j:plain
ここで顔見知りのOKN夫妻を発見。
ちょこちょこブルベとかでご一緒になりますが仲睦まじいお二人です。

f:id:chotkura:20190320124244j:plain
再び登場のMYK氏(笑)


スタートより176kmで3時間の余裕を作れました。ここまでは順調過ぎるぐらいのペースです。幸いな事に熱中症も回復、脚も程よく回ります。
前日に睡眠をしっかり取れたのが
大きいのでしょう。


そして国道168号線に別れを告げ
42号線へと。
アップダウンの多い道になっていきますが何度も走っているコースなので、
「免疫」はあります。
ここから紀伊半島を半周する形で
大阪を目指していきます。
そろそろ日も落ち始め過ごしやすくなってきました、というよりは肌寒いです。
この時期の寒暖差は要注意。
油断してると寒さで体力を消耗して、
眠気へのトリガーとなります。
早目にウェアを交換し、迫り来る「夜戦」へと備えます。

f:id:chotkura:20190321043311j:plain

橋杭岩を過ぎるとPC4、ローソン串本町
串本店です。
行程の半分を過ぎましたが、
眠気もなくすこぶる快調。
ただ時間帯的に終盤で睡魔に襲われる
可能性が高いので、稼げる時に稼ぎます。
「積立て」の方も順調ですし、余裕があれば
これを元手に「投資」などしてみたい所
ですが我慢です、貧乏性なので(笑)
私生活でもこれが出来てりゃ……



本格的なナイトライドの時間となりました。交通量は減りますが、景色に変化が少なく単調な時間帯でもあります。
次の補給は何にしようか、
そんな事ばかりを考えつつ
黙々とペダルを回していきます。


PC5 ローソン田辺新庄店。
289km地点、「貯金箱」が溢れ返りそうな
ぐらいに貯まってます(自分比)

f:id:chotkura:20190322043729j:plain
そしてPC6 ローソン広川インター前店。
懸念していた眠気は若干ありますが、
大したほどではありません。
残り50kmほどですし、仮眠せずに
このまま押しきります。
そして大阪府に入る前の
最終難関、雄ノ山峠へ。
いつもながらしんどい登りです。
まぁ楽な登りなんてないのでしょうが(笑)
これまたいつものようにヒィヒィ言いながらもクリア、後は下り基調で吸い込まれるように待望のゴール、セブンイレブン阪南自然田店に午前6時前に着きました。

f:id:chotkura:20190322043748j:plain
ブルベカード提出は9kmほど離れた
スタート地点近くの温室で。
ここでの受付も泉佐野コース名物です。
(現在は変わっている)

f:id:chotkura:20190322043823j:plain
振る舞いのカップ麺が胃に染みわたります。

f:id:chotkura:20190319230347j:plain
f:id:chotkura:20190319230354j:plain

貯金を5時間程作っての上がりでした。グロスで19km/h弱。貧脚にしては頑張った方でしょうか、特に寄り道もしなかったですしね。
一定のペースで強度を上げすぎずに走れたのは狙い通り、またそのお蔭で仮眠をせずに済んだのも収穫でした。


ひさしぶりのソロ、
トラブルも無く気持ちよく走れたのが
何より、これで弾みをつけて翌週の600kmに挑めそうです。




おまけ
サブタイの元ネタ

The Rolling Stones - Under My Thumb (Live) - OFFICIAL







ブログ村自転車バナー
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


ブルベバナー
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村





目指せ!Flèche(フレッシュ)⑫~AFTER’18

こんにちは、ちょっくらです。
先日、オダックス近畿(通称オダ近)より
ラブレターが届きました。
と言っても申し込みに対しての
返信なのですが。
身の程知らずか恐いもの見たさなのか、
我ながらえらいモンにエントリーして
しまいました。

f:id:chotkura:20190228122622j:plain

f:id:chotkura:20190228122650j:plain

いわゆる600km走って獲得10000m
例のアレです。

※「アレ」についてよく分からない方は、
青字の「アレ」をクリックして「アレ」
してください(*^^*)


もちろんランドヌール部門での出走
ですが、ツーリスト部門で認定とれたら
上出来!!的なスタンスです。
いわば積極的な消極性(笑)でございます。
しかし打ちのめされる確率はかなり
高いでしょう。
なので今年中にひっそりと
決行いたします、
ここで書いといて何ですが(笑)


あ、そういや前回のブログで
(続く)って書いてしまいましたね。
今回で12回目ですか、
引っ張りましたねぇ(遠い目)
では後日談的になりますが続きの方を…




DNFの連絡を済ませ、
2kmほど先のJR五井駅へと「敗残兵」たちは
向かいます。
放射冷却、ひどく寒く感じたのを覚えています。
f:id:chotkura:20190308054308j:plain
刀折れ矢尽きる…
フレームバッジが取れかかっている所に
「落武者」感が出ています。
f:id:chotkura:20190308054253j:plain
自転車を畳み終えたら
近くのコンビニへ一目散

f:id:chotkura:20190311052633j:plain

「愛」を注入します。
ちなみにどんなライドの後でも
これは欠かせません💝
アルコールの種類問わず、
私の場合これありきなのです。


こんな感じで一息入れて帰路に着きます。
Mさんとは東京駅(おとなび)で別れ、
大阪までZ氏と再び鈍行二人旅です。
道中沈黙&無言…
頭に浮かぶは反省点、
出るのはため息ばかりです。
何か喋ろうとしますが、
上手く言葉が紡げません。
これじゃいかん、と時折アルコールを
入れ、気分を高めようと(飲む口実)しますが、逆に気落ちするばかり…


なかなかの困ったちゃんです。
疲労困憊なのに、努めて明るく振る舞ってくれたZ氏には悪いことをしました。
そんな重く長い電車旅を経て、
帰宅後もダウナーな気分はしばらく
続き、自転車に乗る気も失せてました…
まぁ3日程でしたが(笑)




そして後日…
大阪は京橋にあるグルペットにて行われた
「フレッシュミーティング」なる催し
に行ってまいりました。
要は結果報告会ですね。
今回のフレッシュは、こちらのお店で始まった経緯があるのでケジメとして渋々参加の体です。
まぁ気分は六条河原で処刑を待つ「敗軍の将」といった所でしょうか(笑)


f:id:chotkura:20190312031147j:plain
店舗処刑場外観。

f:id:chotkura:20190312031157j:plain
店主執行者近影。

f:id:chotkura:20190312031206j:plain
会を取り仕切りいただいたN村氏。
今回のコース原案者でもあります。

f:id:chotkura:20190312031227j:plain
店内の一番奥から見て一番隅に陣取ります。負のオーラ(笑)を移さない為の配慮でございます。

f:id:chotkura:20190312031236j:plain
他の参加者の喜びの発表を、
一人恨めしそうに見つめます(泣)
この日ばかりは「水杯」よろしく終始
ノンアルコールで。
「死に水」代わりに烏龍茶を。

f:id:chotkura:20190312031359j:plain
f:id:chotkura:20190312031410j:plain
自信に満ち溢れ、嬉々と自分達の「旅模様」を語る参加者達。

f:id:chotkura:20190312031421j:plain
道中記を面白可笑しく。
ええなぁ……


そして、いよいよ最後の参加者の番と
なりました。トリを務めさせていただくのは、そう、私でございます。
ツッコミ所が多そーやから、
最後にやれと(笑)


事前に資料など準備すれば良いものを、
(準備する気が失せてた)
何も無い状態で
グダグタと話し出します。
要は
「なんで後少しの所でDNFしたん?」
て点に尽きるのですが、
思い起こしてみても、
どない喋ったのかよー覚えてません。
ちょこちょこツッコまれてたのは
記憶にあるのですが…
うーん、グッドルーザーに
なりきれませんでした(笑)


それでも、なんやかんやで
終始楽しんでましたね。
こんな感じで禊(みそぎ)を終わらせ、
我々の「フレッシュ」が終わりました…





あれから一年近く経ち、
当事を思い起こし「敗因」を振り返ると…


それまでの三人の実績は、BRMで私が
前年SRですがフレッシュでのリーダーは初めて。
Mさんが300km、Z氏は200km止まり。
もちろん初の参加です。
フレッシュは前年に走っていますが、
その際はおんぶに抱っこ。
獲らせていただいた認定でした。
次回は自分のチームで走りたい、
そんな思いを抱いてフレッシュ
ミーティングで二人を勧誘しました。


正直、各自にSRの力量が無いと
認定を獲るのは難しい、
一昨年に走ってその認識はありました。
狙うなら脚で合わせるのが確実やな、と。
ただ、色の付いていない、これから
目指していく人と組んで、
試行錯誤しながら挑戦してみたいと
いう思いが強くて。
一緒に作りあげていくというか。
あと、自身の欲目もありましたね、
ええカッコしたい的な(笑)


二人に声を掛けた理由はそれと
誠実な人柄。
目標を立てれば遮二無二やるはず、
脚は二の次です。
難易度に対しての不安は、
参加者が作成したコースを走る
フレッシュの特性を生かしてカバー、
未踏の距離に対する経験不足な面は、
期間を取り繰返し走ることで
レベルアップ出来るかと踏んで
挑みました。


しかし、懸念していた点は改善出来ず、
強度を落としても距離を走ることの
しんどさには変わりありませんでした。
実際あと少し、という所でのDNFでしたが、それが物凄く遠く感じたのも事実。
他にも体調管理の面であったり、
色々あるとは思いますが、
やはり一番の敗因は上手く導いてあげれなかった「リーダーの力量不足」です。


チームで走る難しさ、ソロで落とした際とは質の違う悔しさ。
経験した事は血肉になっていると
信じています。
もし次に挑むとしてもこのスタンスかなぁ。
ヨソで合わせれる技量も無いし、
何より気心知れた人と走っていきたいし、ね。


しかし、経験の無いもの同士、
手探りで楽しくやれた点は狙い通り。
スタートに至るまでの過程ならウチのチームが一番、という自負はあります(笑)
マメに集まっては走って(飲んで)…
自身にとって公私共にキツい時期でしたが逆に集中できたのかな?
やっててすごく楽しかったし、
充実してましたね。
けどやっぱり認定獲りたかったな、
獲らせてあげたかったなぁ……
(今でも引きずってる、笑)



長いようで短かった5ヵ月間。
あれから一年近く経ってしまいましたが(汗)
二人には私の「じこまん」に付き合っていただき感謝します。この場を借りて御礼申し上げます。


f:id:chotkura:20190312171500j:plain

f:id:chotkura:20190312171512j:plain

f:id:chotkura:20190312171534j:plain



ありがとう、またやろうぜ!



(完)





おまけ
f:id:chotkura:20190313024555j:plain
忘れた頃に届いた参加賞の手拭い。
これを家に貼って臥薪嘗胆してやる(笑)





ブログ村自転車バナー
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


ブルベバナー
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村





目指せ!Flèche(フレッシュ)⑪~Deep Inside

こんにちは、ちょっくらです。
最近通勤中にこんな風景が
目につくようになりました。

f:id:chotkura:20190302015007j:plain

3月10日よりはじまる春場所に向け、
各部屋の宿舎にはこんなのぼりが。
そして街中の所々で力士を見かける
機会も。
その際に鬢付け油の香りを感じると、
大阪にも春がやってきたなと実感します。
さて、今年は荒れる春場所とすなるの
でしょうか…


そんな季節の移ろいを楽しむ反面、
越えなければいけない峠が近づいて
きたな、と。
俗にいう花粉症峠?です。
この一番を取り終えてこそ「千秋楽」。
まぁその頃には「夏場所」になってたり
するオチですけど(笑)
そう、春とは「闘い」の季節なのです…



では、そろそろ我々の闘い(?)の
続きを始めましょう。
房総フラワーラインへと入り、
貯金を稼ぐためペースアップしよう
とした矢先、Z氏よりSOS!
これまで後方で黙々と走り、
専属カメラマンとしての責務を果たして
くれていたので安心していましたが
(実は忘れてた、笑)
とうとう睡魔に襲われたようです。
今までの実績からして、どこかで
出るのは折り込み済みでしたが…


「うーん、予想より早いな。
しかもこのタイミングで!笑」


ここは少しでも稼ぎたい所でしたが、
背に腹は代えられません、
再度長めの休憩を入れます。

f:id:chotkura:20190228121610j:plain
Mさんもお付きあい(するんかいッ!!)


楽しかった前半とはうって変わり、
一気に野戦病院の様相へ。
導入からして、すんなり行けるかと
思いましたが、なかなか上手くはいかないものです。
それでも前へ進まないとゴールに
たどり着けません。
休憩を終え、さらに進みます。



房総半島の南端辺りまでやってきました。当初、近くにある野島崎灯台をPCにしようか迷ったのですが、灯台と言えば登りが少なからずあるはずだろう、ペース的に着いたとしても夜中だろう、で回避しました。
やはり正解でしたね(笑)
ここで房総フラワーラインを外れ、
県道86号線へと入ります。



予定より遅れ気味ですが、
PC3 セブンイレブン白浜滝口店へと
着きました。
スタートより228km地点で30分ほどの
貯金。想定より一時間ほど少ない形ですが、現状を踏まえたら良しとしましょう。

f:id:chotkura:20190301002337j:plain

次のPCまで約60km。
ここからは本コース唯一の
アップダウン(?)がある区間です。
ここまでである程度の貯金を稼ぎ、
仮眠及びペースダウンに備える
予定でしたが、前倒しで吐き出し
となっています。
そこで現状を鑑み、敢えて無理を
せず登り区間をスローペースで
負荷を少なくし、出来る限り疲労
抑え終盤に備えます。


これから先、今以上に起こりゆくで
あろうペースダウン。
どこまでで歩留まりしてくれるか
気がかりです。
懸念していた風の影響が少ないのが
唯一の救い。


「次のPCに貯金ゼロのイーブンで
滑り込めたら何とか見えるか、
借金やと二人の状態次第やな」


そんな事を考えつつ…



先のPCを出て程なく館山市へと。
風光明媚な所なのだろうな、
と思いつつも今は真夜中(笑)
単調に続くルートに集中力が
途切れたのでしょうか、軽くコースロスト。後ろの二人に鼻で笑われ、軽く凹みながらも気を取り直し走りだします。
そうしてる間に前輪に衝撃が!?


ぐわぁッッ!! 


何かに乗り上げたようです。
落車かっ、と思いましたが事なきを
得ました。すぐに立ち止まり自転車を
確認、どこにも異常はなさそうです。
そして後方を振り返ると何か動物の
死骸らしきものが月明かりにうっすらと…


乗り上げたのは、ロードキルした
タヌキの亡骸でした。
野性動物との衝突(接触?)は初めて
ですが変な感覚でしたね。
最初ゴツンと固く、次に柔らかく…
完全なる不注意ですが、これで済んで助かったなと。それにしてもタヌキには悪い事をした、この先二人に偉そうに
言えんわ(どーせ言うけど)と
思いつつ気を引き締め直します。
ここらが自身疲労のピークでした。


そして訪れた登り区間
気を紛らわせるため、
三人で過去の○○○話(*^^*)などを
ワイワイと喋りつつ何とかクリア、
館山市から南房総市に。
ここから県道127号線を海岸線沿いに
走るルートが続きます。
若干風が吹き出し疲労の溜まる
二人には堪えてる様子。
落ち気味のペースがさらに落ち、
所々で休憩を挟むまでに。


「DNF…!?」
「DNF…!?」
「DNF…!?」


嫌な三文字のアルファベットが
頭の片隅にちらつきだします。


「いや、まだまだ二人は元気なはず、
大丈夫大丈夫!(多分、きっと)」


そう心に言い聞かせます。
鋸南町を経て富津市へ。うろうろしながらもPC4、セブンイレブン富津岬店に着きました。 286km地点です。ここから少しずつ市街地へ。

f:id:chotkura:20190305030944j:plain

やはり、というか当然というか…
予想よりはるかにペースダウン、
所定時刻を30分程オーバーしました。
恐れていた「借金生活」へ突入です。
いよいよ「ムチ」を入れる時か…
ここで二人に喝を入れます。


「このままのペースやと無理やで!
もー平坦しか無いんやし、
頑張って巡航25kmまで戻そうや!」


「……」
「……」


疲労困憊な二人はただ頷くのみ。
しかし、ここが正念場。
なりふり構っていられません、
意を決して走りだします。
しかし、笛吹けどなんたら。
振り返ると二人は見えません…
しばらく立ち止まり到着を待ちます。
程なく合流しますが、20km/hペース
がやっと。この状態を数回繰返し、
気まずい空気のままダラダラと…
そして君津市から木更津市へと入りましたが膠着状態は相変わらず。
一向に上がらないペースに業を煮やし、
再度喝を入れます。


「このままやとラチあかんな、
もうここで止めるか?」
(辞めたないけど)


半ばヤケクソです。
すると、


「◎△$♪×¥●&%#?!」
「◎△$♪×¥●&%#?!」
「◎△$……(以下略)


Mさんがキレ気味で叫び出します!!
(ハッキリ聞き取れなかった、だって怖かったもん)
どうやら喝が効いたみたいで、
覚醒して最終形態へと移行した模様(笑)


そこからは今回の白眉とも言える展開、
Mさん自ら前へ出て「火の玉」の如く
我々を力強く牽きます。
ようやく待ち望んでいた展開です!


「ひょっして、もしかしたら
いけるかも…」


淡い期待、いや藁にもすがるの方が
近いか。そんな心情でペダルを
回していきます。
が、蓄積された疲労は正直。
ありがちな最終形態のパターンよろしく
長くは続きませんでした。
10kmほど走った所で「通常運転」へと
戻ります…



時間が過ぎ行く事で
誰もが「終わり」が近づいてる事を
感じます。
しかし、まだオンコースしているの
です!
貧脚な分、我々は終盤にしつこく
足掻くことに慣れています。


「とりあえず行ける所まで行こうや!」


誰となく前へと。
歩みはゆっくりですが、進む意思は
まだ誰も捨ててはいません。
そして東京湾岸道路(16号線)へと入りました。
幹線道路で大型車の通行量が非常に多い為、やむなく歩道を走ります。コース精査の甘さを悔やみますが、幸いにも歩道が広めなのが救いでした。
こりゃPCまではこの調子やな、
そんな事を考えつつ、ふと振り返ると
二人がいません。
しばらく待ちますが来る気配が無いため、探しに来た道を引き返します。
すると立ち止まっている二人の姿が見えてきました…


どうやらZ氏が落車した模様。
聞くと疲労で意識が飛んでいたとの事。
大事に至らなかったのは不幸中の幸いでしたが、さすがにこれ以上の無理は
強いれません。


「来るべき時が来たようやな、
ここらが潮時か…」


タイム的にも先の展開を踏まえると
厳しい現実。そしてここから駅が
近い事も決断を後押しします。

f:id:chotkura:20190308052152j:plain

f:id:chotkura:20190308052201j:plain

f:id:chotkura:20190308052241j:plain

そして満身創痍の三人はPC5、
ローソン市原五井南海岸店へ。
ゴールまで約50kmを残し、
我々の「旅」 は終わりを迎えました…


(続く)




ブログ村自転車バナー
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


ブルベバナー
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村





目指せ!Flèche(フレッシュ)⑩~闇をぶっとばせ!

こんにちは、ちょっくらです。
皆さまいかがお過ごしでしょうか。
ぼちぼち花粉症の症状が出始めてる
方もいらっしゃるのではないでしょうか?
ご多分に漏れず自身もそうでして…
年によって程度の違いはありますが、
症状が出始める事で春を感じるように
なってしまってます。
憂鬱な季節でもありますが、
日ごとに上がる最高気温を
楽しみにできる唯一の季節でもあります。
自転車でいえば、
まだまだ寒暖差が激しい時期だけに、
ナイトライドでのウェアの
選定では頭を悩ませたり…
けどそこが面白味であったりします。
読みが当たった時なんかは
喜びもひとしお。
真夜中に一人ほくそ笑みながら
走っております(笑)
しかし、その分だけ失敗も
多かったりする訳で。
寒さで動けずにコンビニの
イートインに二時間滞留したり、
寒さからくる疲労を読み違え、
バス停で仮眠したり等々…
振り返ると、だいたい薄着で
失敗してますね(汗)


以上、前置きです(笑)
では前回の続きを始めさせて
いただきます…




ほどなくスタートより158km地点、
PC2のローソン御宿中町店着。
この時点で貯金は一時間。
寄り道が多かった分増えてません。
が、ペースを上げてない分だけ疲労
溜まってないはず。ギリ許容範囲内と
いった所でしょう。
これからナイトライドへと入り、
立ち寄るスポットも少なくなるのと、
次のPCまでに通る房総フラワーラインで稼ぐ予定です。

f:id:chotkura:20190225180627j:plain

f:id:chotkura:20190225180652j:plain
ここで30分、長めの休憩を取ります。

f:id:chotkura:20190225181122j:plain
しっかりと腹ごしらえを済まし、
次のPC目指して動こうとしますが、
Mさんが体調不良を訴えます。
前日までの激務が祟ったのでしょうか、たまらず地べたへ…
f:id:chotkura:20190225230339j:plain
お可愛いことで(笑)


日のある間に仮眠を入れる事に
なるとはまさかの展開です。
この時点で虎の子の貯金を早くも
使い果たし、見晴らしの良かった
景色にじわじわ暗雲が立ち込めてきました。
しかし、前述したようにこれから
稼ぐ区間に入るため挽回は十分可能。
むしろここでしっかり休む事により、
後半の疲労を抑えれたら良いと
プラスに考えます。
ソロとは違い、グループでは
体調うんぬん各自それぞれ違うもの。
何が起こるかわからないのを、
楽しみながら何とかしていくのも
醍醐味の一つと気を取り直し
リスタートです!




しばらく走っていると、
標識に「月の砂漠記念館」と出てきました。
誰もが一度は聞いたことがあるあの童謡の作者由来の土地みたいです。
せっかくですし、立ち寄って写真の
一枚でも撮りたい所ですが、
先のPCで貯金を使い果たしたため
泣く泣く我慢。
スルーして進みます。


やがて勝浦市に入りました。
この辺りからは外房黒潮ラインを
淡々と走り鴨川市へと。

f:id:chotkura:20190227032153j:plain

f:id:chotkura:20190227032211j:plain
鴨川シーワールド
閉園時間前でした。
進捗的には若干遅れ気味、
ここからPC4までにどれだけで
行けるかやろな。

この時はトイレを借りつつ、
そんな事を考えてました…



そして日も沈みきり、「夜戦」へと突入していきます。
ほどなく房総フラワーライン(297号線)
へと入り、当初の打ち合わせ通り、
ここで貯金を稼ぐことを再確認。
フラワーラインというだけあって、
道の両側には花が植わってあり、
良い景色を快走してるはずなのですが
残念ながら暗闇真っ只中(笑)
でもこれがブルベって感じで
嫌いではないですね、こういうの。
非日常感というか、
好き好んでわざわざ「ケッタイ」な事を
してるというか…。
さんざん走ってヘロヘロになり、
耐え忍んだ上で見る朝日に
変に有り難みを感じたり。
(夏場は逆です)
あ、ただ単に感覚が麻痺してる
だけかも知れませんね(笑)



平坦路で今のところ風の影響も
それほど無く、貯金を稼ぐには
もってこいの局面です。
そろそろペースアップをしようかと、
試みたその時…

(続く)






ブログ村自転車バナー
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


ブルベバナー
にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村





目指せ!Flèche(フレッシュ)⑨~砂丘2018年(2)

こんにちは、ちょっくらです。
前回の続きです。



PC1をクリアし銚子市を走りますが、
看板などに石毛の文字がちらほら
目につきます。
銚子で石毛と言えば…

f:id:chotkura:20190221045509j:plain

真っ先に思い浮かんだのはこの方でした。
世代的にもミスターライオンズ(レオ)
なイメージですね。
この地域に古くからある姓なのでしょうか、出身もこの辺りみたいですし。
そんな事を気にしながら、
銚子市を抜けます。
 


間もなく旭市に入り、九十九里
ビーチライン(県道30号線)へと。
海岸線沿いの気持ち良い景色の中を、
春の陽光に包まれながら走ります。
自転車やってて良かったなと
思える時ですね。


f:id:chotkura:20190222024919j:plain

せっかくなので、
ルート沿いの海岸際を走ってみたり。
まぁすぐに行き止まりなんて
オチがあるんですけど(笑)



しばらく進んでいると、

f:id:chotkura:20190220233008j:plain
※画像は借りてきました、スミマセン。


テレビや映画でおなじみの
座頭市の石碑が。
色々あるもんですねぇ。



そんなこんなをしながらも、
ペダルを回していれば自然と
前へ進んでいるものです。
気付いてみれば九十九里町
入ってました。

f:id:chotkura:20190223024640j:plain

トイレ休憩に立ち寄ったコンビニでは
この季節でもサングラスが。
この辺りは夏場になると
人で溢れかえるのでしょうか。


九十九里浜を左手に並走する形で
次のPCを目指し進んでいきますが、
せっかくのロケーション。
頃合いの良いところで浜へと…

f:id:chotkura:20190223045819j:plain
太平洋を全身で。

f:id:chotkura:20190223025416j:plain
楽しんではりますなぁ。

f:id:chotkura:20190223025430j:plain
どこまでも広がる、って感じです。

f:id:chotkura:20190223045946j:plain
そこそこはしゃぐオッサン二人と
美熟女。
当初の予定はどこへやら、
完全に観光サイクリングと
化しております(笑)
正直こうなるやろな、
とは思ってましたが…


この九十九里浜
今回が初めてでしたが、
砂浜というより砂丘っぽい印象でした。
訪れた場所にはそれらしき表示は
無かったのですが少し気になり、
後で調べてみると…
やはりビンゴ!
(興味のある方はこちらで)
これを機にブルベで砂丘めぐりをする
なんて良いかも、なんて思ったり。
まぁ観光地を通過するのはだいたい
真夜中、というブルベあるあるに
なるのでしょうけど。

f:id:chotkura:20190224133931j:plain
※2017年BRM504倉敷1000 

こんな感じで。 
さて、サブタイも回収できた
事ですし(笑)
先へと進みましょう。


この辺りからしばらくの間、
別のチームの方々をお見かけするように。
同じく房総半島一周するルート
なのでしょうね。
エールを送り合い、互いの健闘を
祈ります…


そして楽しかったビーナスライン
別れを告げ、いすみ市へと入りました。
ここからは外房黒潮ライン(国道128号線)での旅路となります。
PCのある夷隅郡御宿(おんじゅく)
町まではあと少し、遊んでた分を
取り返すため早々に通過します。
これから先の展開を踏まえ、
時間帯的に早いのですが次で
しっかり補給しておこうか、
そんな事を考えてるうちに
夷隅郡へ。
ほどなく目的地のコンビニが
見えてきました…

(続く)




にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村





目指せ!Flèche(フレッシュ)⑧~砂丘2018年(1)

こんにちは、ちょっくらです。
前回の続きです。


2018年3月31日午前7時、
快晴。
暑くもなく寒くもなく、
風までも少なく
絶好のコンディション。
最高のスタートを切ることが
出来ました。

f:id:chotkura:20190218163646j:plain

まずは県道114~115号を使い
南下しつつPC1のある千葉県を
目指します。


今回のPCは6箇所。
スタート地点、PC6以外は
コンビニにしました。
通過証明はレシート取得になりますが、
紛失した場合の対応として
写真撮影も行い万が一に備えます。
予定では我々でも無理のない
25km/hペースで寄り道を控え、
(そのために主なPCをコンビニにした)
わずかな貯金を産み出しつつ、
後半の仮眠及びラスボス的存在な
市街地の信号峠に備える作戦です。

f:id:chotkura:20190218164947j:plain

ほどなく国道51号線に入ります。
交通量も少なく、フラットで
非常に走りやすいです。
そのためかしばらく30km/h巡航で進んでいきます。
しかし今回は長丁場、
後を踏まえて予定の25km/hペース
へと落とします。
そのせいかサイクリング気分に
浮かれ始めるオッサン二人。
気候が良いのも後押しです。
走り始めて間もないのですが…


「俺たちは下手な選挙速報よりも
早く完走を視野に入れてもーたな。
勝ったな!勝ち組やな!!」

「そーやで!間違い無いで、
勝ってるで~」

「祝勝会は必然で!」

「それだけやとちと足らんな、
どーせやから、
ナイスプレイスで愛を
叫んじゃう?」

「アハハ~」


ウッヒャーな感じです。
振り返るとかなり痛々しい(笑)

f:id:chotkura:20190218165113j:plain

f:id:chotkura:20190218165137j:plain


そんなアホな事をワイワイ言いつつ
走っていると、関西では見慣れない
コンビニが見えてきました。
セイコーマート鉾田飯島店です。
オーバーペース気味でしたし、
物珍しさもあったので
立ち寄ってみることにしました。


ブルベでは、コンビニをPCとして
使用する事がほとんどです。
なかにはコンビニ巡りと揶揄する方も
いるぐらいで…。
しかし、地方に行くと独自色のある
店舗が多いので、個人的にはそれを
見れるのも楽しみの一つですね。


このセイコーマート
レイアウトは当然の如く
コンビニなのですが、
ミニスーパーみたいな雰囲気でした。
なんとなく落ち着く感じで、
近くにあれば通うかも…



鹿嶋市に入り、国道51号から
124号線をしばらく走ると…

f:id:chotkura:20190218165929j:plain

右手に競技場らしき建物が
見えてきました。

f:id:chotkura:20190219112437j:plain

カシマスタジアムです。
正式名称は茨城県立カシマサッカー
スタジアムとの事。

f:id:chotkura:20190219115837j:plain

f:id:chotkura:20190219145733j:plain


近くには記念碑も。
もう少し見てみたかったのですが、 
脚に余裕が無いため先へと進みます。



順調にルートを消化していきます。
そして茨城県の最南端、
神栖市を通過し銚子大橋を渡ります。

f:id:chotkura:20190219143949j:plain

f:id:chotkura:20190219144003j:plain

利根川を越えると千葉県です。
ここから銚子市街を少し走ると、
PC1のローソン銚子清川店です。

f:id:chotkura:20190219152334j:plain

f:id:chotkura:20190219152350j:plain

f:id:chotkura:20190219214331j:plain

スタートより73km、
一時間の貯金です。
ペース的にも強度的にも想定内
でしょうか。自身、
PC1までは案外苦労する事が多いの
ですが、今回は順調に導入できました。


千葉県に入り、国道が126号へと
変わりました。そして房総半島を
周回するルートへと進んでいきます。

(続く)




にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村





目指せ!Flèche(フレッシュ)⑦~PASSION! NOT, FASHION!

こんにちは、ちょっくらです。
このブログを書きかけていたのが、
ちょうどバレンタインデーでして…

f:id:chotkura:20190216143911j:plain

f:id:chotkura:20190216144001j:plain


今年も頂きました!
有難い事です。
いくつになっても嬉しいモンですね(*^^*)
では、気分を良くした所で
いよいよ本編、ようやく本編、
やっとこさ一年越しの本編
始めたいと思います(笑)




3月31日早朝。
宿泊先のホテルよりJR水戸駅に。
輪行にてスタート地点へと移動します。


f:id:chotkura:20190216152325j:plain


f:id:chotkura:20190216152339j:plain


まずは自転車を畳み、ホームへと。


f:id:chotkura:20190216151652j:plain


f:id:chotkura:20190216145610j:plain


水戸の梅祭り。
本日までみたいです。
どこかで遅咲きの梅が見れたら…



f:id:chotkura:20190216150816j:plain


f:id:chotkura:20190216150829j:plain


水戸市といえば
やはり黄門様。
Z氏、さしずめスマホは印籠、
自撮り棒は
杖の代わりといった所でしょうか。
早くも珍道中を予感させてくれます(笑)


f:id:chotkura:20190217104900j:plain

記念撮影♪

f:id:chotkura:20190216151746j:plain

目的地までは
併設の鹿島臨海鉄道を使います。


f:id:chotkura:20190216151430j:plain


大洗鹿島線
スタート地点の涸沼(ひぬま)駅へ。


f:id:chotkura:20190217012456j:plain


f:id:chotkura:20190217031134j:plain

ワンマン車両ですね。


f:id:chotkura:20190217032513j:plain


f:id:chotkura:20190217105008j:plain


f:id:chotkura:20190217032606j:plain
ガルパンの聖地を通るだけあって車内にもこんなポスターが。
「戦車道」ならぬ「自転車道」を嗜ませていただきましょう!

f:id:chotkura:20190217080852j:plain


まだ見ぬ旅路に想いを馳せて。

f:id:chotkura:20190217080938j:plain
寝とるんかい!笑
(因みによく寝る人)


f:id:chotkura:20190217105654j:plain


f:id:chotkura:20190217105706j:plain


30分ほど電車に揺られ、
涸沼駅に。


f:id:chotkura:20190217105845j:plain

高架からは階段オンリーでした。
(その代わりトイレはゴージャス)

f:id:chotkura:20190217105922j:plain


f:id:chotkura:20190217105938j:plain


f:id:chotkura:20190219141554j:plain


メロンが特産との事。
すぐそばの涸沼にはキャンプ場併設の
自然公園もあります。

f:id:chotkura:20190217105950j:plain


ロータリーでは桜がお出迎え。
朝の澄んだ空気が心を
ほどよく落ち着かせてくれます。


f:id:chotkura:20190217123151j:plain

とはいっても、スタート時刻が
近づくにつれ昂りがじわりじわり。
そんな時は、


f:id:chotkura:20190218091840j:plain

「選ばれし者の恍惚と不安、二つ我あり」

そう言い聞かせ、
気持ちを勝手に盛り上げて、
じっと時が過ぎるのを待ちます。
この微妙な緊張感が不思議と
心地良かったり…。


さて、定刻の7時です。
お待たせ致しました、
いよいよオッサン二人と
美熟女(?)の パッション
を探す旅の始まりです。




それでは、ちょっくら行ってきます♪







にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村