ちょっくら行ってきます♪

ブルベとかキャンプツーリングとかのブログのはず、です。

バイクパッキングで小豆島まで(後編)

今回も引き続き小豆島編です。

f:id:chotkura:20171122012328p:plain

本日の最終目的地、小豆島ふるさとキャンプ場へ
着きました(赤印)


f:id:chotkura:20171122012107j:plain

マスコットがお出迎えです。

f:id:chotkura:20171122012623j:plain
f:id:chotkura:20171122013259j:plain

受付には飲料(アルコール含む)から一通り
の品揃えが。
しかもコインランドリー、温泉シャワー併設。
初見のキャンプ場なので一通り揃えて
来ましたが杞憂に終わりました。
炊事場、トイレも清潔なようです。

f:id:chotkura:20171123232023j:plain
f:id:chotkura:20171122085717j:plain

今回はテントサイトを選択。
貸し切り状態です。

荷物を置いて、日が落ちる前に
食事の準備です。

f:id:chotkura:20171122090158j:plain
f:id:chotkura:20171122090407j:plain

今回はメスティンではなく、クッカーです。
まずは赤ウインナーを炒めます。
良い酒のアテになります。

f:id:chotkura:20171122090442j:plain
f:id:chotkura:20171122090514j:plain

続いてはこちら。

f:id:chotkura:20171122090749j:plain

オリーブ豚を炒めます。

f:id:chotkura:20171122091006j:plain

キムチを乗せてサムギョプサル風で。

f:id:chotkura:20171122091103j:plain
f:id:chotkura:20171122091130j:plain

メインはこちら、辛ラーメン
先の余りも放り込んでプテチゲ風で。

f:id:chotkura:20171122091246j:plain
f:id:chotkura:20171122091316j:plain

チープな夕食ですが、野外で食べるには
丁度良い加減。温かさで満たされたので良しです。
当日は風が強いうえ、軽量化のため
風防を持参しなかったので沸騰するまで
時間がかかりました。

f:id:chotkura:20171122091741j:plain

画像をお見せ出来ないのが残念
(撮影技術が無い)ですが、
満天の夜空を直に感じながら眠りにつきます…。




f:id:chotkura:20171122092021j:plain
f:id:chotkura:20171122092131j:plain

翌朝。爽やかな朝です。

f:id:chotkura:20171122092236j:plain

今回もヒビィサックで。

f:id:chotkura:20171122092415j:plain
f:id:chotkura:20171122092450j:plain

mont-bellのテントシューズと
アルパインソックスです。
この二点は前回の「演習」で得た
教訓に基づき「緊急補強」しました。
お陰で震える事無く快適な睡眠を
得る事が出来ました。

f:id:chotkura:20171122093119j:plain

昨日の雨で汚れた自転車を拭きつつ、
撤収に入ります。



f:id:chotkura:20171122093322p:plain

キャンプ場を出て、当日着の後発メンバーと
合流するため坂手港を目指します。

f:id:chotkura:20171122093605j:plain
f:id:chotkura:20171122093712j:plain

多少のアップダウンを越え、昨日途中で
切り上げたオリーブ園に立ち寄ります。

f:id:chotkura:20171122093847j:plain
f:id:chotkura:20171122093924j:plain
f:id:chotkura:20171122093957j:plain

早朝ですがツアー客で賑わってます。

f:id:chotkura:20171122094134j:plain
f:id:chotkura:20171122094238j:plain
f:id:chotkura:20171122134729j:plain

一通り見終えた所で、メンバーとの
合流場所である港へ向かいます。


f:id:chotkura:20171122134954j:plain
f:id:chotkura:20171122135120j:plain

通りがかりのコンビニでは
エライ事になってました…

f:id:chotkura:20171122140751j:plain

本日の行程は登りメインのため、
不要な荷物を宅配便で送ります。
3kgの軽量化となりました。


f:id:chotkura:20171122135245j:plain

風が強い一日となりそうです。

f:id:chotkura:20171122140117j:plain
f:id:chotkura:20171122140147j:plain

メンバーと合流して記念写真。

f:id:chotkura:20171122140332p:plain

これより全員で標高800m弱の
寒霞渓(かんかけ)を目指しますが、

f:id:chotkura:20171122140535j:plain
f:id:chotkura:20171122140620j:plain

昼食時のため、港すぐにあるこちらの
お店で腹ごしらえをします。

f:id:chotkura:20171122140933j:plain
f:id:chotkura:20171122140945j:plain
f:id:chotkura:20171122140956j:plain
f:id:chotkura:20171122141010j:plain
f:id:chotkura:20171122141116j:plain

こういう感じのお店は落ち着きますね。
11:30からの営業ですが、開店からお客さんが
ひっきりなし。あっと言う間に行列が…
合流メンバーを待つ間に
席を押さえといて正解でした。

f:id:chotkura:20171122141513j:plain

まずは刺身盛り合わせ。

f:id:chotkura:20171122141551j:plain

ノンアルで。

f:id:chotkura:20171122141720j:plain
f:id:chotkura:20171122141749j:plain

穴子丼定食をチョイス。
卵とじがかかって食べやすかったです。
二品頼みましたがどちらも新鮮で美味、
また来たいお店です。


空腹を満たしたら「寒霞渓」へと向かいますが、
その前にこちらへ立ち寄ります。

f:id:chotkura:20171122142301j:plain
f:id:chotkura:20171122142340j:plain

グループライドらしいお約束で。
皆は堪能されてましたが、
名物のソフトクリームは食べませんでした。
甘いのは今イチなので…。
な訳で写真はありませんが
悪しからずm(__)m


f:id:chotkura:20171122142724j:plain

436号を右折し、徐々に登坂モードへ。
ここからは各自のペースで進みます。
南側から12km程かけて登るルートです。

f:id:chotkura:20171122143307j:plain
f:id:chotkura:20171122143339j:plain

斜度はそれほどでもないのですが、
距離がある分だけ疲れます。
軽量化は正解でした。

f:id:chotkura:20171122143546j:plain
f:id:chotkura:20171122143618j:plain

良い景色に囲まれての登坂。
道も荒れてなく快適ですが、
しんどい事に変わりありません(笑)

f:id:chotkura:20171122144005j:plain

廃墟跡。一旦ここで集合です。

f:id:chotkura:20171122144136j:plain

揃った所で再び進みます。
アップダウンを乗り越えて100m程上がると…


f:id:chotkura:20171122144403j:plain
f:id:chotkura:20171122144524j:plain
f:id:chotkura:20171122144611j:plain

ゴールです。観光客でごった返してます。

f:id:chotkura:20171122144748j:plain
f:id:chotkura:20171122144846j:plain
f:id:chotkura:20171122144906j:plain
f:id:chotkura:20171122145009j:plain

かわら投げ。どこにでもあるのかな?

f:id:chotkura:20171122145101j:plain
f:id:chotkura:20171122145147j:plain
f:id:chotkura:20171122145243j:plain
f:id:chotkura:20171122145320j:plain

絶景を目に焼き付けた後は、
土庄にあるエンジェルロードへ向かいます。



f:id:chotkura:20171122145708j:plain
f:id:chotkura:20171122145803j:plain

これは前日に立ち寄った際の写真。

f:id:chotkura:20171122145948j:plain

潮が引くと繋がります。

f:id:chotkura:20171122150110j:plain
f:id:chotkura:20171122150212j:plain


一通り観光を終え、一路帰阪へと。
土庄より坂手港を目指し、
夕方発、神戸行きのフェリーに乗り込む
予定ですが時間的に厳しそう。
ここで一旦メンバーをバラして、
脚のあるメンツのみ乗船を狙う作戦で。


後発組もあわよくば、で急ぎますが、
運悪くメンバーの一人のチェーンが
切れるアクシデントが発生します。
本人は乗り出して間がないため、
お手上げ状態でしたが、ここで
グループライドの良さが発揮されます。
経験豊富なメンバーがチェーンの
ピンを抜き、また他のメンバーが
持ち合わせていたミッシングリンクで繋ぎ、
物の数分で復旧です。
平坦路、日が落ちる前なのが不幸中の
幸いでしたね。



この時点で坂手港まで7km、
夕方発フェリーの出航時刻まで約5分。
選択肢は次発の晩方便しかありません。
待ち時間が3時間弱、神戸には深夜着です。
諦めモードでどうやって時間を潰すかを
話していると、スマホに着信が…


先発メンバーからの「朗報」です。
フェリーの入港が一時間遅れとの事!
ちょっとした奇跡でしょうか、
これで全員息を吹き返しました(喜)


坂手港で先発メンバーと合流。
無事にライドを終え、一緒に帰れる
喜びを分かち合いながら
帰路へと…。


f:id:chotkura:20171122183844p:plain
f:id:chotkura:20171122183921p:plain

・ルート(初日)

f:id:chotkura:20171122183959p:plain
f:id:chotkura:20171122184029p:plain

・ルート(二日目)


今回は初日キャンプツーリング、
二日目がグループライド。
アソート的に楽しめましたが、
個人的には走行距離が少ないかな、と。
次回バイクパッキングで走れるのは
来春ぐらいでしょうか、
一日150km程度は走るルートで組みたいですね。




にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村






バイクパッキングで小豆島まで(中編)

前回の続きです。

f:id:chotkura:20171121202200p:plain

坂手港から土庄まで目指して行きますが、
まずは二十四の瞳記念館へ。
(上記緑印から黒印へ)
港から記念館までは10kmも無いぐらい、
海沿いに走ります。

f:id:chotkura:20171121202338j:plain
f:id:chotkura:20171122232039j:plain
f:id:chotkura:20171121212924j:plain

館内には入らず、向かいの売店へ。

f:id:chotkura:20171121213106j:plain
f:id:chotkura:20171121214837j:plain
f:id:chotkura:20171121214920j:plain

小腹が空いたのでじゃこ天を。
落ち着いた所で、少し離れた分教所へ移動します。

f:id:chotkura:20171121215053j:plain
f:id:chotkura:20171121215320j:plain
f:id:chotkura:20171121215822j:plain
f:id:chotkura:20171122232238j:plain
f:id:chotkura:20171122232256j:plain

島娘がこんな感じでお出迎えです。

f:id:chotkura:20171121215657j:plain

では校舎内へ。

f:id:chotkura:20171121220052j:plain
f:id:chotkura:20171121220126j:plain
f:id:chotkura:20171121220216j:plain
f:id:chotkura:20171121220315j:plain
f:id:chotkura:20171121220449j:plain
f:id:chotkura:20171121220521j:plain
f:id:chotkura:20171121220728j:plain
f:id:chotkura:20171121220812j:plain
f:id:chotkura:20171121220850j:plain
f:id:chotkura:20171121220919j:plain
f:id:chotkura:20171121220953j:plain

雰囲気伝わりましたでしょうか?
校舎自体は小さな建物なのですが、
見出すと切りが無いので適当に切り上げます。
ここから来た道を戻り、土庄方面へと移動します。



しばらく走ると甘辛い醤油を炊いたような
匂いが漂ってきます。

f:id:chotkura:20171121224732j:plain
f:id:chotkura:20171121224809j:plain
f:id:chotkura:20171121232557j:plain
f:id:chotkura:20171121232652j:plain
f:id:chotkura:20171121232725j:plain
f:id:chotkura:20171121232754j:plain
f:id:chotkura:20171121232819j:plain

翌日も訪れる予定なので素通りで。
続いて進みます。

f:id:chotkura:20171121233515j:plain

実写版「魔女の宅急便」のロケ地だそうです。

f:id:chotkura:20171121233642j:plain
f:id:chotkura:20171121233719j:plain

ここでホウキにまたがり、
ジャンプする写真がお約束なのですが…
オッサンなので止めておきました(笑)

f:id:chotkura:20171121234247j:plain
f:id:chotkura:20171121234330j:plain

風車に目が行きがちですが一面オリーブ畑です。
ここにたどり着くまでに
一瞬ですが斜度16%の坂が待ち構えてます。
下にあるオリーブ園の見学は翌日回しで、
キャンプ用の買い出しのため
土庄にあるスーパーを目指し進みます。

f:id:chotkura:20171121234926j:plain
f:id:chotkura:20171121234956j:plain

こんな所もあるのですね、
少し立ち寄ります。

f:id:chotkura:20171121235121j:plain

閉店してるみたいです。

f:id:chotkura:20171121235220j:plain


f:id:chotkura:20171121235308j:plain

妖怪の店。

f:id:chotkura:20171121235343j:plain

至る所にこの標識が。
程よく「迷った」所で次の目的地へと
向かいます。

f:id:chotkura:20171122000037j:plain

目的地、こちらのスーパーで食材を調達します。
キャンプ場までの距離は約8km、
許容範囲内でしょう。

f:id:chotkura:20171122000315j:plain

スーパーを中心とした集合施設には
温泉が併設されています。
ここでの買い出しともう一つの目的、
風呂に入って冷えた体を温めます。
海水を使ったぬるめの湯が心地良かったですね。


ウェアを着替え、一息入れてから
買い出しに向かいます。

f:id:chotkura:20171122000952j:plain
f:id:chotkura:20171122001107j:plain

特産品はそれなりに。
普段と勝手が違うせいか、買い出しに
手間取ります。カセットコンロ用のボンベの
バラ売りが無かったり(コンビニはあるが
数少ないので品切れが不安)、揃えたい食材、
アルコールの品揃えがしっくりこなかったり…
適当に買い揃え、スーパーを後にします。



途中ウェアを洗うためコインランドリーに
立ち寄りますが、
当日の天候もあり混みあってます。
(島内の店舗数が少ないため?)
かなり待つ事になるため、
仕方なく洗濯のみで諦めます。
道中のコンビニでは先のスーパーで
見合わせた飲料、アルコール、
カセットボンベを調達。
ちょっとした坂を登り、本日の最終目的地である
ふるさと村キャンプ場にたどり着いたのは
15時過ぎとなりました…。

(続く)



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村






バイクパッキングで小豆島まで(前編)

こんにちは、ちょっくらです。
肌寒さで季節の動きを感じます、
自身は動いておりませんが(笑)


さて、今回は小豆島までの
キャンプツーリングです。
自身は晩秋のキャンプは未経験、
不安要素満載です。
なので装備の確認を兼ね、
先日近場で「実弾演習」をしてまいりました。


f:id:chotkura:20171118032828j:plain

今回は友人Z氏とご一緒で。
自身は全備17kg、氏は20kg越えの装備です。

f:id:chotkura:20171118033226j:plain

装備を確認するのがメインなので、
緩くて短い道程です。
けどこんな道も通ります。

f:id:chotkura:20171118033423j:plain

こんな所で

f:id:chotkura:20171118033453j:plain
f:id:chotkura:20171118033544j:plain

地産地消します。

f:id:chotkura:20171118033639j:plain
f:id:chotkura:20171118033705j:plain

野外宴会の体です(笑)

f:id:chotkura:20171118034224j:plain

蕪の漬物。始めはここらから。

f:id:chotkura:20171118034333j:plain
f:id:chotkura:20171118034357j:plain

醤油かけといたら何とでも。

f:id:chotkura:20171118034444j:plain

伏見唐辛子。削り節の重要性を
思い知らされました。

f:id:chotkura:20171118034655j:plain

本日買い忘れた日本酒の重要性も
思い知らされました(笑)

f:id:chotkura:20171118034911j:plain

今回初持参のシングルバーナー。
大車輪の活躍でした。

f:id:chotkura:20171118035020j:plain
f:id:chotkura:20171118035111j:plain
f:id:chotkura:20171118035151j:plain

無事に演習を終え、お互い経験値を
積み本番を向かえます…



当日。
当初の予定では大阪市から自走で
神戸まで走り、土曜日早朝のフェリーに
乗り小豆島へ向かう予定でした。
が、予報によるとその時間帯の降水確率は80%。
雨を避けたいため、前倒しで
午前1時のフェリーへの乗船と
予定を変更します。
因みに同行予定のZ氏は、
先の演習が堪えたのか、
風邪によりDNF。
ソロでのスタートとなりました…。



f:id:chotkura:20171118040649j:plain

21時過ぎに大阪市をスタート。
淀川大橋は工事中。

f:id:chotkura:20171118041016j:plain

信号峠、警察の検問(勿論大丈夫)に
掛かりながらも
乗船時刻一時間前に到着。
装備見直しでアイテムは増えましたが、
全備重量は17kg程です。

f:id:chotkura:20171118041331j:plain

乗り込むまでに約30分。
まぁお約束ですね。

f:id:chotkura:20171118041444j:plain

こちらもお約束(笑)

f:id:chotkura:20171118041843j:plain
f:id:chotkura:20171118041524j:plain

ぼんち揚げみたいな
煎餅入ってます。

f:id:chotkura:20171118041926j:plain
f:id:chotkura:20171118041951j:plain
f:id:chotkura:20171118042020j:plain

香川一色です、当たり前か。


f:id:chotkura:20171118142140j:plain
f:id:chotkura:20171118142237j:plain
f:id:chotkura:20171118142413j:plain

翌朝、定刻より20分程遅れて小豆島に
着きました。

f:id:chotkura:20171118142524j:plain

予報通り小雨混じりの空模様です。
続く雨ではないのでしばらく待つ事に。

f:id:chotkura:20171118142729j:plain

とりあえず止んだみたいなので
ちょっくら行ってきます。


(続く)


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村







砥峰高原を目指して

こんにちは、ちょっくらです。
秋を体感したくなり11月13日(月)、
ススキが見頃の砥峰(とのみね)高原まで
行ってまいりました。
いつも通り自転車で向かいますが、
今回は砥峰高原まで車で向かう友人達と
現地で落ち合う予定です。


f:id:chotkura:20171114235309j:plain


午前4時過ぎに大阪市を出ます。
国道2号線中心、150km程の平坦ライドです。

f:id:chotkura:20171114235350j:plain

明石海峡大橋です。

f:id:chotkura:20171114235651j:plain

垂水を越えて…

f:id:chotkura:20171115000157j:plain
f:id:chotkura:20171115000216j:plain

明石の魚棚。時間帯的にどこも
開店準備中です。

f:id:chotkura:20171115000408j:plain

加古川市へと入ります。

f:id:chotkura:20171115000456j:plain
f:id:chotkura:20171115000526j:plain

志方町のコスモス畑。
よい時期に当たりました。


しばらく進み福崎町へ入ります。
ここでは日本民俗学の父、
柳田國男記念館を見学します。

f:id:chotkura:20171115002130j:plain 
f:id:chotkura:20171115002303j:plain
f:id:chotkura:20171115002330j:plain
f:id:chotkura:20171115002406j:plain

残念ながら記念館は休館日でした。

f:id:chotkura:20171115002623j:plain
f:id:chotkura:20171115002657j:plain
f:id:chotkura:20171115003148j:plain

柳田國男といえば妖怪?

f:id:chotkura:20171115003248j:plain
f:id:chotkura:20171115003347j:plain

池にはカッパが現れます(笑)




福崎町を後にして、再び砥峰高原を目指します。
寺前町を抜け、県道404号線から39号線へと入り、
徐々に登坂ルートに入ります。


高原まで残り10km程の地点で友人からの連絡。
合流地点、高原の食堂が定休日のため、
集合場所を変更するとの事。
新たな集合場所は8号線沿いの店、
こちらで昼食を共にする予定です。
しかし、現在地とは逆方向のため
一旦引き返す必要があります。


この時点の時刻で13時前。
本来なら昼食後ルートに戻り、
再び登り始める所ですが、
晩より所用があるため自転車での登坂を
諦めます(泣笑)


f:id:chotkura:20171115005636j:plain

平日のため営業してる飲食店は
近隣ではこちら ぐらいでした。
そのため登坂ルートより15km程引き返しました。


f:id:chotkura:20171115010439j:plain

蕎麦を待つ間、まずはノンアルコールで。

f:id:chotkura:20171115010546j:plain

里芋。味加減が絶妙。

f:id:chotkura:20171115010736j:plain
f:id:chotkura:20171115010808j:plain
f:id:chotkura:20171115053640j:plain

十割蕎麦です。千ヶ峰南山の名水が入った
器がついてきます。一口目は水だけで。


美味い!


弾力のある食感と蕎麦の香りがたまりません。
病みつきになりそうです!

f:id:chotkura:20171115053551j:plain

こちらは十割蕎麦ながら温いので。
採算度外視、特大ヒラタケが入ってます。

f:id:chotkura:20171115053920j:plain

最後に蕎麦湯。


気さくなご夫婦がアットホームな
感じで経営されているこのお店、
是非次回も立ち寄りたいですね(*^^*)

f:id:chotkura:20171115124533p:plain

今日のライドはここまで(苦笑)
これより先は自転車を車に積んでもらい、
車で一緒に砥峰高原へ向かいます。

f:id:chotkura:20171115054615j:plain

ダムもあります。

終盤のえげつない登りを越えると…

f:id:chotkura:20171115054801j:plain
f:id:chotkura:20171115054835j:plain

目的地です。

f:id:chotkura:20171115055006j:plain
f:id:chotkura:20171115055124j:plain
f:id:chotkura:20171115055236j:plain
f:id:chotkura:20171115055326j:plain
f:id:chotkura:20171115055408j:plain


f:id:chotkura:20171115060530j:plain
f:id:chotkura:20171115060617j:plain
f:id:chotkura:20171115060656j:plain

ロケ地としても有名なのでしょうか。

f:id:chotkura:20171115060845j:plain

ススキの中へ入ります。

f:id:chotkura:20171115060948j:plain
f:id:chotkura:20171115061019j:plain

湿原みたい。

f:id:chotkura:20171115061109j:plain

こんな立て札も。

f:id:chotkura:20171115061223j:plain
f:id:chotkura:20171115061310j:plain
f:id:chotkura:20171115061347j:plain

幻想的。写っているのはオッサンですが(笑)

f:id:chotkura:20171115061557j:plain

最後に記念撮影。



f:id:chotkura:20171115061756j:plain

ススキを堪能し、これより下った所で
コーヒーブレイクです。

f:id:chotkura:20171115062117j:plain
f:id:chotkura:20171115061942j:plain
f:id:chotkura:20171115062034j:plain
f:id:chotkura:20171115062211j:plain
f:id:chotkura:20171115062308j:plain
f:id:chotkura:20171115062350j:plain

オッサンになるとこういうチマチマ
面倒臭い事が好きになりますね。
コーヒー?ぬるめの仕上がりでした(笑)



これより帰阪です。
大阪まで積んでもらい、
友人達と別れ一旦帰宅します。


その後、南森町アリオリドスに向かいます。

f:id:chotkura:20171115063236j:plain

本日は有志持ち込みによる
日本酒を飲む集いなのです。
スペインバルなのですが(笑)

f:id:chotkura:20171115063433j:plain
f:id:chotkura:20171115063542j:plain

この日のためにオーナー自ら
おでんを仕込んでくれました。

f:id:chotkura:20171115063730j:plain
f:id:chotkura:20171115064023j:plain

自転車談義だけではなく○○な話も交え、
異様に盛り上がった会となりました。
みんなどないして帰ったンやろ?笑


午前0時過ぎの帰宅です。
丸一日使いましたが、
天候にも恵まれ充実した一日となりました。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村




今シーズンのブルベを振り返って(番外編)

こんにちは、ちょっくらです。
今回は番外編として7月2日に行われた、
山岳グランフォンドin吉野に
参加した際の振り返りを。


ブルべ以外で参加した唯一のイベントで、
今年で2回目の参加となります。
去年はロングコース(158km、3000up 、
制限時間10.5時間) を8時間弱で完走しました。
なので今年はハードルを上げて
スーパーロングコース(210km、4000up、
制限時間11時間)でのエントリーを。
恐いもの見たさ的な感じでしょうか、
脚力的には無謀な挑戦です。

f:id:chotkura:20171114214303p:plain



前日大阪市より自走にて吉野入り、
60km弱、700upほどの道程でしたが
脚が全然回りません。
実走が開いたせいかとさして気にもせず
(すでに予兆は出てたのかも。距離の割に疲れた)
吉野へ到着。

f:id:chotkura:20171114142240j:plain
f:id:chotkura:20171114142315j:plain
f:id:chotkura:20171114142502j:plain
歴史を感じます。

f:id:chotkura:20171114142907j:plain
今回の宿はこちら。

f:id:chotkura:20171114142939j:plain
先ずはウェアを洗濯です。


今回は相部屋のため、どんな感じになるかと
多少の不安もありましたが
さすがに同好の集まり、すぐに打ち解けます。

f:id:chotkura:20171114143031j:plain
見かけよりボリュームあります、
美味しかったです。

しかもイケる口の方もいらっしゃる様子。
当然の如く夕食を囲みながら宴会へ突入...

翌朝。軽く二日酔いです(笑)
フラフラと宿舎を出てスタート地点へ向かいます。
ここで旧知のO嶋氏とバッタリ!
聞けばスタッフとして参加しているとの事。

f:id:chotkura:20171114140903j:plain

氏曰く、この後コース最大難関の
足の郷関門に向かうとの事。
まぁここでタイムアウトになるだろうからと
一応(?)告げ再会を約束します。



f:id:chotkura:20171114143344j:plain
f:id:chotkura:20171114143413j:plain

6:00過ぎにスタート。
曇り空なのは幸いですが自身は
スッキリしません。自業自得ですが(笑)
それでも走り出せば何とかなるかと先を進みます。
が、最初の平坦区間でも脚が回りません。
そのうちコースは登り基調になり、
ますます遅れだします...

f:id:chotkura:20171114142053j:plain
f:id:chotkura:20171114142128j:plain
f:id:chotkura:20171114142210j:plain

チンタラしながらも野迫川、
天川の両エイドをクリア。
相変わらずペースの上がらないまま
一発目の難関、行者還関門を迎えます。
ここらで気温の上昇が堪えだします。
それでも這うような感じで関門に
たどり着きますが、
足の郷関門クリアは厳しい状況。
躊躇しましたがとりあえず進む事に...
  


途中、川上村エイド分岐で
スタッフにタイムアウト確実なので、
足の郷をショートカットしては?
との提案を受けますがやんわり拒否、
敢えて足の郷関門へと向かいます...


ほどなく見えてきました、
早速キツめの傾斜です。
この時点でタイムアウトしてますが、
メインのこの林道だけは何とかクリアしたい所。
ですが粘れる体力が枯渇した現状では望めません。
早々にあきらめて押し歩きで関門をめざします。
が、それすらも厳しい状況。
進んでは休むを繰り返し、
何とか頂上の給水所を兼ねた
関門までたどり着きます。


そこではスタート地点以来のO嶋氏が
手を振って迎えてくれました!
ヨレヨレの姿を見ての爆笑付きでしたが(笑)
 
 

気持ち一息入れますが自走で戻るのは
無理と判断。
別スタッフの車で残りコースを
トレースしながら
ゴール地点まで搬送して頂く事に
(その節はありがとうございました!)


 
宿舎に戻り、汗を流した後に猛烈な
空腹を感じたので近くの食堂で夕食。

f:id:chotkura:20171114213529j:plain
胃袋に染み渡りました。

f:id:chotkura:20171114213624j:plain

帰りは輪行で...。
 

 
今回の敗因(?)は一番に脚力、
次に気温(湿度)、あとは諸々の準備不足かな?
来年出るかと言われれば正直ビミョーです。
あと一か月前倒しで開催してくれたら…


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村





今シーズンのブルベを振り返って⑥(最終回)

こんにちは、ちょっくらです。
今回も振り返りの続きになります、
今しばらくお付き合いの程を…


BRM319福山600kmをクリアしてSR取得。
次にに311泉佐野300km、402神戸200km 、
409フレッシュ日本橋と続きます。
319福山の保険及び距離に慣れるため、
エントリーしたBRM415枚方600kmも
勢いで狙いますが、
297km地点であえなく初DNF。
距離に対する不安を残したまま、
挑む事となりましたが…



BRM504倉敷1000km

f:id:chotkura:20171112190730p:plain
f:id:chotkura:20171112190745p:plain
f:id:chotkura:20171112190800p:plain
倉敷尾道~広島~宇野~下関~萩~益田
~美郷~米子~鳥取~津山~倉敷


75時間以内で中国地方を一周するブルベです。
ルートラボの表記では走行距離1010.6km、
獲得標高9557mとなります。
去年のアナウンス以来、目標にしてきた一本。
ここは是が非でも認定完走を獲りたいところ。
対策として、

・ペダルを踏まない。
・ギアは一枚軽く。
・パックに付いていかずマイペースで。

この三点を念頭に走る事を心がけます。

f:id:chotkura:20171112192241j:plain
f:id:chotkura:20171112192339j:plain
f:id:chotkura:20171112192453j:plain

・初日
8;30スタート、昂ぶりを抑えつつ
慎重にペダルを回していきます。
導入はコース設定もあり素晴らしい立ち上がり、
グロス24kmが2時間程続きました。
その後ペースダウンしますが、
比較的順調に進んでいきます。

f:id:chotkura:20171112193813j:plain
f:id:chotkura:20171112193856j:plain
f:id:chotkura:20171112193943j:plain

山口県に入ってからも快調に
ルートを消化していきますが、
200kmを過ぎた辺りでキューシートの
説明にある「山賊」の襲撃を受けます。
(最大斜度18%はあったかと。久しぶりに押し歩き)
それでもなんとか凌ぎつつ仮眠所を兼ねたPC3へ。

f:id:chotkura:20171112192831j:plain
f:id:chotkura:20171112192927j:plain

ここでは振る舞いの豚汁をいただきます。
一息入れたい所でしたが、席を温める間もなく
セルフドロップの送付先及び仮眠ホテルの
ある新下関を目指します。
PC4をチェックし、予定時刻にホテルに到着。
チェックインの手続きを進めようとすると
ある事件が...。

f:id:chotkura:20171112195323j:plain

受付によると予約は翌日、
セルフドロップで送っている荷物
(着替え、モバイルバッテリー等)
も翌日着との事!?
途方にくれますが、ホテル側が
機転を利かせてキャンセル待ちを
空けていただきなんとか宿泊(感謝!)。
シャワーを浴び、2時間弱の仮眠です。



・二日目
瀬戸内海から日本海側へと向かいます。
山岳基調のためここからが本番。
チェックアウト後、気合を入れるため
いつものブルべ飯を放り込みます。

最高気温27℃、道中快晴は良いのですが
強烈な紫外線でダメージが
蓄積されていきます。
それでも長門、萩、益田と淡々と進みます。

f:id:chotkura:20171112202221j:plain
f:id:chotkura:20171112202311j:plain
f:id:chotkura:20171112202352j:plain
f:id:chotkura:20171112202423j:plain
f:id:chotkura:20171112202800j:plain
f:id:chotkura:20171112202829j:plain

ここでスマホ、サイコン、ライトを賄う
20000mAhのモバイルバッテリーが限界に。
しかし、予約している翌朝の仮眠ホテルに
予備は送っているのでそこまで
持たせればよい計算。
コンビニで電池式充電器を購入、
応急処置です。

浜田、江津を経由しPC7を目指しますが
雨がパラパラと。
じわじわと続く峠を真夜中、
一人濡れながら登っていきます。
そこで一台の車が追い越し停車。
追いつき通り過ぎようとすると


「AJ広島です、頑張ってください!」


同時期開催の別ブルベのスタッフさんです、
気合入りました!

ほどなく仮眠所を兼ねているPC7へ。
雨脚がきつくなってきたので
雨宿り&仮眠を一時間程。
明け方5時過ぎになっても弱まらないため
見切り発車、米子の仮眠ホテルを目指します…。



・最終日
いきなり峠!
本降りの中アップダウンを繰り返します。
手ごわい三瓶峠をやり切ったぐらいに
雨も上がりだしました。
幸いにもここからしばらくは平坦基調、
先を急ごうとペダルを回していきますが…


ここでサイコンの表記に不具合が!
充電状態も怪しいので泣く泣くログを諦め、
予備のサイコンと入れ換える事に。
そうこうしている間に雲南市に入り、
しばらくぶりにコンビニを発見。
そこで雨具を脱ぎ、朝食&電池交換を済ませ
一息ついた後、再び黙々と先へ進みます。


その後快晴。
昨日に続き紫外線と闘いながらも
昼過ぎに米子へ。
大幅に到着時刻を過ぎましたが目的のホテルに
何とかたどり着きました。
まずはフロントにて予約及び到着が
遅れた旨を伝えます。
が、どうも話が通じません。
ここで自分のやらかしに気づきます、
そうです、予約と補給荷物の到着日が
前日同様1日ずれていたのです!


とりあえずホテルはキャンセルして
コンビニでバッテリーを買い込みます。
第一優先はライト、次にサイコン、
スマホと順繰りに充電していきます。

なおも脚を進めていきますが
電池、バッテリー(10000mAh)を求めて
コンビニの各停。
充電がある程度たまるまでは我慢です。

f:id:chotkura:20171112203328j:plain

そうこうしてる間に次のPC9、
鳥取砂丘へとたどり着きます。
この時点で最後尾ぐらいですが、
600kmを超えると
制限時間が緩むので慌てずボチボチと。

ここから岡山に向け峠に入っていくのですが、
麓の八頭町で昼間あれほど充電したはずの
メインライトに残量不足の表示が!
ライト優先で充電していたのでスマホ
サイコンともに残量僅か。
制限時間に余裕があるといえ長い峠越え...


「詰んだか...」



暗闇が押し迫ります。
峠まで僅か、進んでコンビニを探すか、
時間はかかるが安全策で戻って探すか。
検索でスマホは使えない、どうする!?
しばし検討、出した結論は...


「這ってでも前へ!!」


乏しい光を頼りにゆるゆる進んでいきます。
するとコイン精米所。
何とその先にはコンビニが!
とりあえず安堵です。
早速バッテリー、電池、懐中電灯を
買い込みます。

この時点でPM11:30。次のPC10まで約70km、
イムリミットはAM5:49。
充電に当てれる時間は2時間。
あと4時間ばかりの夜間走行...
どこまで復旧できるかが勝負です。
待ち時間を仮眠に当て込みますが
残量不足でアラームが
作動するか不安なため寝つけません。
そうこうしている間に2時間経過。
意を決してスタートしかけると、
目の前を反射ベストを着た
ブルベライダーらしき人影が...


「幻覚!?」


渡りに船ならぬ峠前のランドヌール、
おそらくこれが最後尾。
逃したら最後、
我に返り必死で後を追いかけます。
なんとか追いつき事情を説明、
快諾をいただき前を牽いていただく事に。
(その節はホント助かりました!)

そこから先は峠と睡魔からくる
幻覚との闘いです。
蛇行しだすと休むを繰り返し、
懸念の峠をクリアします。
この時点で制限時間に余裕がないため、
後発スタートの伴走者に礼を告げ
先を急ぎます。


「踏んで!踏んで!踏んで!」


下り基調の平坦をわき目も振らず
必死で進みます。
残しておいた脚を使い切ったところに
PC10のコンビニが見えてきました。
制限時間3分前、フラフラになりながらも
なんとか到着、レシートを取得ししばし休息を。

ここからフィニッシュのコンビニまで
約73km、
何とか完走が見えてきました。
ここから先は軽く流して..
てな訳にはいきません(笑)
最後の最後で放り込んできた
アップダウンを繰り返す
広域農道に苦しめられながらも、
何とか耐え抜き74時間56分。
制限時間4分前、
最下位での滑り込みゴールとなりました。


「あぁ、やっと終わった…!」



後は500mほど離れたゴール受付の
公民館へ向かうだけです。

安堵感もありのろのろ進みます。
が、距離にして500m程にある公民館が
見当たりません。
人に聞けどわからず、電話しようにも
バッテリー不足、
少したまって確認するも意識が朦朧、
右から左へ。
そんなこんなを繰り返し到着まで
掛かった時間は
なんと一時間半!
遭難初体験してました(泣)


辛抱強く待っていただいた
スタッフの方々には非常に感謝!!!
しばし歓談のち手続きを終わらせ
記念メダルをゲット、
何とか認定完走を手に入れることが
できました。

f:id:chotkura:20171112204153j:plain
f:id:chotkura:20171112204236j:plain
f:id:chotkura:20171112204342j:plain

今回は自分のミスによる想定外の事態
(バッテリー代で2万弱使ってます)に
苦しめられましたが、
人車共にトラブルが起きなかったため
完走することができました。
反省点だらけですが目標達成、
これで次の「景色」を見る事ができそうです。


(もう一回続く)




にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村





今シーズンのブルベを振り返って⑤

こんにちは、ちょっくらです。
今回は振り返りの続きです、
よろしければお付き合いの程を…


BRM319福山600
福山~しまなみ海道
~松山~八幡浜~愛南(宇和海タワー)の
往復600kmブルベです。

f:id:chotkura:20171112060257p:plain
f:id:chotkura:20171112060310p:plain
コース的に難易度は低そうですが、
寒さとの戦いになりそうです。

f:id:chotkura:20171112054919j:plain
スタート時刻を考慮して前泊を選択、
新大阪から福山まで移動します。

f:id:chotkura:20171112060657j:plain
f:id:chotkura:20171112060719j:plain
当然の如く前夜祭となります(笑)

f:id:chotkura:20171112060819j:plain
f:id:chotkura:20171112060842j:plain
f:id:chotkura:20171112060903j:plain
f:id:chotkura:20171112060937j:plain
と、まぁこんな感じで。

f:id:chotkura:20171112061024j:plain
f:id:chotkura:20171112061048j:plain
〆は福山ラーメン。


f:id:chotkura:20171112062314j:plain
早朝スタート。かなり冷え込みました。

f:id:chotkura:20171112064029j:plain
f:id:chotkura:20171112064050j:plain
前半はO島氏と同行二人。

f:id:chotkura:20171112064149j:plain
f:id:chotkura:20171112064223j:plain
f:id:chotkura:20171112064307j:plain
f:id:chotkura:20171112064356j:plain
f:id:chotkura:20171112064425j:plain
f:id:chotkura:20171112064456j:plain
オッサン二人でしまなみ観光です。
f:id:chotkura:20171112064551j:plain
宇和島タワーでは最終走者ぐらいでした。


後半折り返しを過ぎ、ホテルで仮眠後
一時間ちょいの借金スタート。
(O島氏の提案により折り込み済み)
ここからはソロで淡々と復路を走ります。

f:id:chotkura:20171112064953j:plain
f:id:chotkura:20171112065016j:plain
途中風に煽られたりもありましたが、
日中は気温もして快適でした。

f:id:chotkura:20171112065200j:plain
ゴール地点は福山城
f:id:chotkura:20171112065301j:plain
城内の櫓が受付です。
ここにたどり着くまでに30分程
迷ったりもしましたが(笑)
39時間弱での認定完走。

f:id:chotkura:20171112070632j:plain
これで晴れてSR取得者です。
この取得により
504倉敷1000km
への出走権を得ることが
できました、やれやれ。


フレッシュ日本橋2017
f:id:chotkura:20171112073550j:plain
f:id:chotkura:20171112073612j:plain
f:id:chotkura:20171112073758j:plain
f:id:chotkura:20171112073830j:plain
f:id:chotkura:20171112073907j:plain
f:id:chotkura:20171112073947j:plain
f:id:chotkura:20171112074016j:plain

静岡県浜松市~東京都渋谷区が
ゴールの380km、獲得3900mのコースを
四人編成のチームで。
(コース、チーム参加人数は規定内各自で設定)
走行24時間中20時間は雨、しかも警報付き。
厳しいコンディションの中でしたが、
メンバーのお陰で無事認定完走させて
いただきました、感謝!



BRM415枚方600

f:id:chotkura:20171112085300p:plain
周回コースです。

f:id:chotkura:20171112083219j:plain
f:id:chotkura:20171112083240j:plain
スタート前の風景。

f:id:chotkura:20171112083922j:plain
f:id:chotkura:20171112083943j:plain
f:id:chotkura:20171112084007j:plain

PC2までは順調。
睡眠用の貯金も確保し、
若杉峠も何とかクリア。

よかったのはここまで。
空腹を感じない腹具合もあり、
このPCで補給をせずに出たのが
裏目に出ます。これより始まる
海岸線アップダウンまでに
飯屋に入る予定でしたが見つからず、
それでも押しきれば大丈夫と進みます。

f:id:chotkura:20171112095422j:plain
海岸線を越えた辺りで何かあるかと思えば
何も無く、完全なガス欠状態に…

これから先は当然の如くペースダウン、
ルート上にコンビニは見当たらず、
冷えきった身体を引きずり、缶コーヒーで
凌ぎながらも前へ進みます。
そうこうしている間に何とかスーパーを発見。

f:id:chotkura:20171112085230j:plain
売れ残った最後の一個、
惣菜パスタを放り込み
回復を待ちます。

一息ついた所で気を取り直し、
よろよろと進んで行きますが、
一向に体力が戻る気配が見えません。
しかし前半の貯金が効いてます。
300km手前で経過16時間強、
自身的には悪くないペースです。
今からどれだけ戻せるかが鍵となります。
ここで運良く仮眠場所を発見、
次のPCまで距離がありましたが
回復優先、睡眠を取る事にします…

f:id:chotkura:20171112085614j:plain
※イメージ画像です。

結果寝落ちです(笑)
297km地点、自身初のDNFでした。


今回は前日寝溜めも出来ず、
(三時間弱)サイコンの調子も不安定。
コースの把握もままならず、
ウェアについては最後まで悩みました。
改めて準備不足での出走は厳しいと実感、
色々得る事が多い10本目のブルベでした。


f:id:chotkura:20171112095515j:plain
f:id:chotkura:20171112095541j:plain
f:id:chotkura:20171112095613j:plain
翌日は失意の天橋立観光。

f:id:chotkura:20171112095701j:plain
f:id:chotkura:20171112095808j:plain
f:id:chotkura:20171112095839j:plain



DNFで後味の悪いまま、
二週間後の1000kmを向かえる事となりました。
はてさてどうなることやら…


(続く)


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ
にほんブログ村